Easter holiday in Côte d'Azur : Antibes, Nice
c0046163_753719.jpg

さてさて、イースターホリデーに行った南仏の旅行記が最後の最後で滞っているのに見兼ねて、(笑)かいつまんでさっとアップ。^^;
Antibesは前回来たときにしっかりと回ったので、今回はあるミッションの為以外は気楽に。
お昼ご飯は夜にこちらの土地に住む友人Tさんが振る舞ってくれるということで軽めに予定していたので、スナック程度を購入。
前回来た時のお気に入りのデリにていろいろ物色。
c0046163_7534653.jpg

ここのデリはどれを食べてもとても美味しい。
特にキッシュやペイストリー系は絶品。
c0046163_7541589.jpg

美味しそう〜。
c0046163_7544111.jpg

購入したものの一部。
これはフィルぽんが美味しそうに食べていたので私も一口もらったら、ちょうどスコッチエッグとパスティーを足して二で割った感じ。
素材の良さがしっかり味わえて、とても美味しかった。
c0046163_7552121.jpg

で、ミッションというのはアイス屋さん。
Tさんからここのアイスは絶品だと聞いていて、訪れてみた。
なるほど、濃い!!!
私はマンゴーとピスタチオを食べたけど、マンゴーは果肉の味がしっかりして美味しかった。
一番うなったのはフィルぽんが食べていた塩キャラメル味。
これはこれは、絶妙な塩加減に濃いキャラメル味だけど、甘過ぎず、ほのかな苦みも感じられて、今までで一番美味しいキャラメル味のアイスだった。
このアイスを食べにだけでもまた訪れたい!
c0046163_756562.jpg

前回来れなかったピカソ美術館へも行けた。
こじんまりしていて、小一時間ほどで拝観できる。海が見渡せる素敵なアトリエがとても良かった。
c0046163_828193.jpg

さて、最終日にはTさんよりおすすめされていた旧市街にあるビストロ、La Merendaへ。
c0046163_8283442.jpg

イワシのファルシ。
日本人にあう味付けでとても優しい、家庭的なお味。
あっさりしているのでさらっと食べられた。
c0046163_8291537.jpg

このバジルのパスタは人気メニューらしく、Tさんに教えられたようにオーダー。
これが、すごく美味しい。
こういうシンプルなものがこれほどまで美味しく作れるのはきっと腕のいいシェフなはず。
と、実はそうらしく、黙々と小さなキッチンで鍋を振っていたのは以前テレビにも出ていたような有名なシェフの方が自分のやりたい料理ということ始められたらしい。
ちなみにとても親切で素敵な男性がサーブしてくれたのだけど、シェフの息子さんだということ。
シェフのお父さん譲りの甘いマスクの持ち主だった。^^;

c0046163_8295532.jpg

ランチの後はフライトまでの時間にまだ余裕があったので、シャガール美術館へ。
大きな絵画が並んだ部屋は色が折り重なり、目が眩しいくらい大変な迫力があった。
シャガールの絵は物語の場面のような物が多く、絵の細部を見て、音声を聞きながらしっかり見学。

c0046163_8302591.jpg

色使いはとても勉強になって、多くのインスピレーションになった。
c0046163_831116.jpg

この絵は他の鮮やかな物と違っておとなしい感じ。
c0046163_8313764.jpg

ステンドグラスは圧倒だった。
今回の南仏では行きたいと思っていた美術館巡りもできて、とても充実していた。
観光地をいろいろ行くのもいいけど、こうしてもっとリラックスして美術館に時間を割く事ができるのは本当に贅沢で、いろんな刺激を頂けた。
[PR]
# by netherbury | 2013-05-19 09:17 | Travel 
Flower Workshop+おやつの時間 : May
c0046163_814424.jpg

こちらにてworkshopの様子をアップしています。
c0046163_8193841.jpg

このデザート、美しく、しかもとっても美味しかった!
[PR]
# by Netherbury | 2013-05-12 08:24 | Flowers
Easter holiday in Côte d'Azur : Tourrettes-sur-Loup
c0046163_7201746.jpg

Venceから車で15分ほどで隣村の Tourrettes-sur-Loupへ到着。
こちらもやはり鷹巣村でこんな崖っぷちに村がある!
c0046163_7164032.jpg

この村はスミレの村として有名だそうで、マルシェの記事でもお伝えしたように、2月下旬にはスミレ祭りも行われている。
残念ながら、Violetの時期は過ぎていたのだけど、近くまで来たのでとりあえず村に行ってみることに。
イースターエッグがお土産屋さんの入り口に飾られていた。
c0046163_7171266.jpg

「ボンジュール!」
1匹様お散歩中のワンコ。
c0046163_7155842.jpg

それにしても、村はひ〜っそり。
本当に人、住んでいるのだろうか?
c0046163_7173691.jpg

どんなに小さな村にも絶対立派な噴水がある。
c0046163_7181014.jpg

ドアの色が素敵。
c0046163_7184211.jpg

スミレの村と言っても、村中にVioletが咲き乱れている訳ではない。
実はスミレの博物館というのも村の外れにあったらしいが、この日は閉館だった。
で、ようやく村で唯一のViolet発見!笑
c0046163_7191296.jpg

と思ったら、こんな看板も発見。
これは是非とも入ってみなければ!
c0046163_7423568.jpg

Violetアイス、Violetのスイーツ乗せ。
私はViolet味が割と好きなのだけど、このアイス、とても美味しかった!
Violet特有の味もちゃんとして、でもきつ過ぎないので食べやすい、そして、アイスもとても滑らか。
味は期待していなかっただけに、大満足♪
お土産にVioletスイーツも購入。
c0046163_7194790.jpg

あっ、また出会った。笑
c0046163_7204274.jpg

とても小さな村なので、あっと言う間に見終わるのだけど、静かでのんびりしていてとても良かった。
私にはあまり観光地化し過ぎず、こういうひっそりしている素朴なところの方が好きかも。
物足りなさが逆に心地よい場合もある。(基本的にお土産屋さんが軒を連ねて、観光客がたくさんわらわらしているのが好きじゃない。)
[PR]
# by netherbury | 2013-04-23 07:58 | Travel 
Easter holiday in Côte d'Azur : Vence
c0046163_555241.jpg

さて、イースターホリデーの続きを。
前回、St-Paul-de-Venceに行った時に時間切れで行けなかったVanceへ。
ここはSt-Paul-de-Vence程は観光地化されていないけど、旧市街もちゃんとあってなかなか素朴な村だった。
c0046163_556676.jpg

イースターの祭日だったので街はひっそりとしていたけど、普段からこんな感じなのかなあ。
ランチまでの時間、ちょっと歩いてみることに。
凄く小さな村なので20分もあれば1周できる。
c0046163_5563513.jpg

この青色が好き。
c0046163_5565912.jpg

広場には噴水があり、レストラン、カフェ、お土産屋さんも数件あった。
c0046163_5574738.jpg

ちょっと旧市街を出たところ。
c0046163_5582425.jpg

この日はイースター関連と思われるお祭りもしていた。
お花いっぱいに飾られた車に子供達が乗っていて、音楽に合わせて歌ったり、踊ったりしていた。
観光客というよりは地元の人の為のお祭りといった感じ。
c0046163_5585169.jpg

トラディッショナルな衣装に身をまとう少女。
c0046163_5592338.jpg

旧市街の外壁はこんな感じ。
c0046163_5595294.jpg

Venceもこんな高い所にある。

c0046163_602285.jpg

さて、実はVenceに来たのはある目的があったから。
村のちょっと外れにあるLa Chapelle du Rosaireというマティスの集大成といわれるチャペルを訪れる為だったのだけど、なんとイースターでせっかく行ったのに休館だった。
c0046163_605976.jpg

しかし、ここまできたらあきらめきれず、次の日にまたリベンジとしてやってきた。笑
c0046163_612641.jpg

中は写真撮影禁止の為に美しいステンドグラスは撮れなかったのだけど、やっぱり来て良かった。
カトリックの教会はわりとゴテゴテっとしているのが特徴なのだけど、まあ、あれだけ削ぎ落としてシンプルにできたものだと、関心した。
また、マティスが全部デザインに従事したということで全体のバランスも抜群だった。
中へ入るとおばあちゃんガイドのシスターがいるのだけど、彼女のキャラが面白かったこと。
適当に人が集まったら説明を始めるのだけど、私たちには英語でもやってくれた。
そのときに後ろのほうでちょっと喋り声が聞こえようものなら、「静かに〜、今、英語で説明してんのよ〜!」と容赦なくお叱りに。その光景が本当にコミカルで説明も淡々としていて、あのおばあちゃんに会いにいくだけでも価値があるなあという面白い人だった。(その面白さは一言では説明できない。。。)
ここへ来たら、ぜひともガイドさんの説明を聞いてほしい。
それを聞いて見学するのとしないのとでは見るべき視点も違ってくるだろうから。
c0046163_615485.jpg

チャペルの出口付近にこれまたマティスがデザインした神父さんの祭服。
見た事もないような鮮やかな色。
c0046163_621513.jpg

チャペルの外の庭からの眺め。(中には入れなかったので道路から。)
このチャペルに来てみて、マティスの人間らしさ、心の清らかさというのを改めて感じる事ができた。
彼が病床時にお世話になったナースがこのチャペルとゆかりがあるということで、恩返しとして建てた、その彼の粋な生き方は今でもたくさんの人を魅了していることでしょう。
ニースにあるマティス美術館も行ったのだけど、こことセットで行けて本当に良かった。
[PR]
# by Netherbury | 2013-04-19 06:49 | Travel 
Flower Workshop+おやつの時間 : April
c0046163_1255934.jpg

先日行われた4月のWorkshopの様子をこちらにてアップしています。
c0046163_127042.jpg

毎回感動のMappetさんのスイーツ、美しい。。。
[PR]
# by Netherbury | 2013-04-14 12:11 | Flowers
Easter holiday in Côte d'Azur : 40's Birthday Party
c0046163_9521355.jpg

ビッグイベント前夜、みんなで夜なべして作ったお花達。
ビッグイベントとはもうすぐ知り合って9年にもなる友人のcinqちゃんの40歳の誕生日パーティー。^^
光栄にも家族でお招き頂き、私はただ一つ出来る事、お花の装飾をお手伝いさせてもらった。

c0046163_9532847.jpg

彼女と一緒にマルシェを周りながら、好きなお花を選んでもらって、みんなでわいわい作りながらという行程が本当に楽しかった。
いままで、ウェディングやパーティーの花はたくさん作ってきたけれど、自分がこうして参加させてもらえるお花って今まで数える程しかなかった。
c0046163_10385782.jpg

Welcomeリースは壁に掛けて。
香りの良いユーカリやラベンダーなども入れて。
オリーブ畑で自生していたタイムも発見したので足してみた。 笑
c0046163_954284.jpg

当初予定にしていなかったけど、ピアノの上にも。
c0046163_9543130.jpg

Violetは洗面台のところにさりげなく。
c0046163_9545528.jpg

流れ作業。。。
c0046163_95638.jpg

前日に敷地内のオリーブ畑に出向き、オリーブの枝をちょこっと拝借。^^;
オリーブとバイオレットをcinqちゃんがたまたま持参していたラフィアで結んで。
「ナプキンに花、いるやろ〜?」「そやな〜。」という具合にこういう即席のアイデアが意外に良いものになったりするのが面白い。
c0046163_9562770.jpg

キラキラと輝く海と太陽を拝みながら、パーティーの始まりを待つ。
c0046163_9564930.jpg

パーティーが始まると、息子を追い回すのに精一杯であまり写真が撮れなかったのだけど、美味しいシャンパンにカナッペでアペリティフが始まり、その後、こんな豪華で華やかな前菜が登場。
c0046163_957876.jpg

プレゼンテーションの美しさもさることながら、どれもとっても美味しい!
実は初めの方に感動して飛ばしすぎた為にメインの頃には既にお腹がいっぱい。
でも、美味しいモリーユ茸とチキンは完食。^^;
c0046163_957372.jpg

バースデーケーキの巨大サントノレ!
c0046163_9581898.jpg

ケーキも本当にたくさんの種類があって、全部食べられなかったのが本当に悔やまれる。。。
c0046163_9584192.jpg

チーズでさえ美しい。。。
うちのフィルぽんはこういう時本当に特だなあと思う。(多分、3人前は食べていた。爆)
c0046163_9591096.jpg

cinqちゃん、旦那さんのJ、本当に楽しいパーティーに呼んで頂き、ありがとう!
素敵な40代を迎えてね〜♪
[PR]
# by Netherbury | 2013-04-10 10:46 | Travel 
Easter holiday in Côte d'Azur : Marche aux Fleurs
c0046163_226259.jpg

イースターホリデーに念願叶って、またまた南仏ニースへ。
今回は外せない、とってもとっても大切な用事の為に、、、。^^
まずは、到着した次の日に予定にしていたマルシェへ。
あいにく、この日は一日中雨で寒くて、なんだかイギリスから私たちと一緒にお天気まで連れて来てしまったのかという感じだったけど、(苦笑)朝、早く起きて行った甲斐があった。
さて、この日のミッションは次の日に予定されているビッグイベントのお花の買い出し&その日の夕食8人前の材料調達。

c0046163_7482725.jpg

Violet発見!
南仏でまさかこんな遅い時期にお目にかかれるとは思ってもみなかった。
実はTourrettes sur Loupという村で毎年2月後半に行われるというスミレ祭りにずっと思いをはせていて、でももう時期が遅いので見れないだろうなあと残念がっていたところだったので、これは本当にサプライズで、見た瞬間、小躍りしてた。笑
c0046163_749435.jpg

ニースのマルシェは見た目も華やかでにぎわいもあり、大好きなのだけど、なんといっても鮮度のいい花や野菜、魚介類、、、。
訪れている人達は半分以上は観光客だけれど、この地に住み、生活して、普通にマルシェで買い物出来る人達は本当に幸せだなあと思う。
c0046163_7501759.jpg

ミニ大根発見。
c0046163_857131.jpg

これが噂の「野生のアスパラガス」なのか。。。
c0046163_7505492.jpg

イチゴもこんなかわいい入れ物に入ってる。
イースターなのでやはりミモザがあちこちで飾られていた。
c0046163_7512665.jpg

このおばあちゃん、真剣においもさんを一つ一つ吟味。
真剣なまなざしがとってもかわいかったなあ。^^

c0046163_7532743.jpg

ここのシェブール(山羊のチーズ)は本当に美味しかった!
とろ〜っとクリーミーで新鮮でお腹がいっぱいだったのに、バゲットが進む、進む。
で、買いすぎた〜っと言っていたパンがいつのかにかなくなる寸前まで減っていて、可笑しかった。笑

c0046163_754289.jpg

マルシェでお肉屋さんがなかったので、旧市街まで肉屋を目指して出向いてみた。
この辺で一番大きなお肉屋さん。
この日はイースター前日でまあ、すごい行列。
なんと、40分並んでやっと注文にこぎ着けた。汗
その間、なんと至る所で順番抜かしをしたとかで喧嘩が始まるや、ヤジが飛ぶわでフランスの日常?(笑)を垣間みれて、私としてはちょっと楽しかった。
いやあ、ほんとフランスの女性の迫力を実感した日だった。笑
c0046163_838127.jpg

お花は素敵な物がたくさん手に入り、一安心。^^;
さて、次はいよいよそのビッグイベント。。。
[PR]
# by Netherbury | 2013-04-10 08:44 | Travel 
Flower Workshop+おやつの時間 : May‏/June
ありがとうございました。お陰様で両月ともに満席になりました。
c0046163_6284836.jpg

こちらにて5月、6月の日程をお知らせしています。
c0046163_6292440.jpg

毎回、みなさんが大絶賛のmappetさんのお菓子。
次回もどんなものが登場するのか楽しみ♪
[PR]
# by netherbury | 2013-03-19 06:36 | Event
Flower Workshop+おやつの時間 : March
c0046163_7232894.jpg

mappetさんと企画した3月のworkshopの様子。
こちらよりアップしました。
[PR]
# by Netherbury | 2013-03-18 13:33
Paris 2013
c0046163_5262450.jpg

La Tour Eiffe l: 滞在したアパルトマンからの眺め。
2月の下旬、息子が生まれてから初めて家族別々で泊まりで出かけることになった。
行き先は、、、、Paris!
c0046163_5281648.jpg

La Seine
今回は友人が日本から仕事+プライベートで訪れていたので、それに便乗させていただくことに。
息子はフィルぽんが有給を取って実家のドーセットへ男同士の旅へ。(私がいなくてもぜんぜん大丈夫だったらしく、義理家族と楽しく過ごした模様。笑)
そして、この旅行がきっかけに無事に卒乳までできた。
c0046163_5303740.jpg

Odéon
パリはちょうど2年ぶりで今回は日本からの友人と別行動の間に現地の友人たちにも会うことができてすごく充実していた。
(友人の一人は突然の息子ちゃんのお熱の為に実現ならず、、、。残念だけど、しょうがない。)

c0046163_144719.jpg

Place de la Concorde
今回のパリは本当に寒かった!
特に初日は雪まじりの雨の中、街を歩くのは本当に辛かった。(いつもは家の中でぬくぬくしているので、、、。笑)
しかも、荷物の中に傘を忘れてしまって、友人の中にお世話になった。
この寒い初日に忙しく買い物などを済ませていたので、後から思うともう少し分散させてもよかったかも。
c0046163_5333371.jpg

Jardin des Tuileries
今回は後半ちょっとゆっくりしたのでMusée de l'Orangerieへ出かけることができた。
いつも忙しく買い物したり、人に会ったりで終わってしまう為に、美術館へはなかなか行けないのだけど、これがすごく感動して、モネのWater lilyを前にその色使い、筆のタッチを見入ってしまった。
お土産にしっかりポストカードも購入した。
次回パリに行けるときには最低一カ所は美術館を入れたい。
そして、せっかくイギリスに住んでいるのだし、もっと美術館巡りしなければ!
c0046163_1454497.jpg

オランジュリーを後にして、チュイルリー公園を横切りメトロへ向かう。
c0046163_537928.jpg

その途中で写真を取りながら歩いていると、背後からじりじりっと近づいてくるお姉さん。
アンケートのボードみたいなのを持っているのだけど、これはたぶんジプシーの一種なので、無視。
でも、根気よくついてくるので、撮影を切り上げ足早に立ち去る。
本当、大陸へ来ると、ジプシーをよく見かける。
イギリスにもいることはいるけど、メトロの中、路上、スーパー、こんなに頻繁には見ないもの。
フランス在住の友人に聞くと、ここ数年でまた増えたという。
c0046163_5424063.jpg

Pont de l'Archeveche.
メトロの駅に向かって歩いている途中で偶然にもノートルダム寺院の近くで発見。
この”愛の南京錠”名所は世界各地にあるらしいけど、実際目にするのは初めてだった。
実はこれは結構迷惑なことらしく、景観を損ねたり、歴史的価値のある建造物のダメージにもつながる為に撤去する都市もあるのだとか。
c0046163_542172.jpg

愛はこういう形で縛り付けるものじゃない、のだけどね。笑
c0046163_17551525.jpg

Cathédrale Notre Dame de Paris
美しい。
機会があったら、是非とも中を見学したい!
c0046163_17512220.jpg

Galerie Vivienne
パリへ来るとよく訪れるアーケード。

c0046163_674535.jpg

タイルが素敵。
カフェに入りたかったけど、その後急ぎの用事があったので、ささっと退散。
行った時に閉まっていたけど、ここにA&Sもできてた。
c0046163_17533154.jpg

カフェとパリジャン。
いかにもパリらしい光景。笑
c0046163_17541515.jpg

Odeonにて歩き疲れたのでしばし休憩。
友人に薦められてから、しばしよく来るカフェにて。
c0046163_17544112.jpg

はじめは静かだったカフェもすぐに満席になった。

c0046163_17555443.jpg

次はいつ来れるんだろうか、、、。
近くて遠い、パリ。
c0046163_1824166.jpg

友人のついでがあり行ったアスティエで何気なく見ていたら、ロンドンでは見たことないデザインに目が止まる。
うちに既にある食器に合うかどうかはわからなかったけど、迷った末に買うことに。
やはりチグハグだったけど、これはこれで好き。
c0046163_7421272.jpg

パリでお世話になった友人たち、そして私を行かせてくれたフィルぽん、ノアくん、どうもありがとう!
[PR]
# by Netherbury | 2013-03-06 07:43 | Travel 



spring has arrived!
by Netherbury
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31