<   2011年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
Warabibellの会
  
c0046163_22521825.jpg

先週のイースターホリデーに毎年恒例のブルーベル鑑賞+ワラビ狩りへ。
家から25分くらいのところにある、いつものスポットは期待通りの素晴らしい光景が広がっていた。
c0046163_22541652.jpg

今年もご一緒したNaokoさんとその仲間で和気あいあいととても楽しかった。
気がついたら、ま〜ったく写真を撮ってなかったので、彼女のブログで詳細はどうぞ。
その後のBBQもすごく美味しかったし、お天気が良いと人生得した気分。(特にここイギリスでは〜、、、。^^)
採ったワラビはさっそく灰汁抜きして、ワラビご飯とワラビ蕎麦になり、完食。


ブログランキングへ参加しています。
お時間があれば、1クリックお願いしま〜す!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by netherbury | 2011-04-30 23:07 | Event
Bluebells. 一日一花
c0046163_183817100.jpg

イースターホリデーもようやく終わり、また、3日後のロイヤルウェディング+バンクホリデーを待つのみ。
4日間、非常に忙しかった我が家。
この連休のうち、BBQ2回もしてしまった。
日曜に以前から計画していた恒例の「Warabibellの会」(ブルーベル+ワラビ採取を同時に行う会)
もあったりして、楽しい日々が過ごせた。
今年も秘密の花園は健在していた。
[PR]
by netherbury | 2011-04-26 18:37 | Flowers
Mugget 一日一花
c0046163_16545554.jpg

イースターは快晴で始まり、めずらしく毎日楽しい予定が詰まっている我が家。
フランスでは5月1日にスズランを親しい人に贈りあう習慣がある。
少々早いが、この暖かさでは5月1日まで持たないということから、うちの庭にも少しばかり咲いたので拝借。
香りが格別で、いつまでも嗅いでいたい。
[PR]
by netherbury | 2011-04-23 16:53 | Flowers
Violet. 一日一花
c0046163_18513734.jpg

只今、満開中のバイオレット。
2カ所に分けて植えているのだが、日当りの良い玄関先と日陰のガーデンの裏口じゃ、まるで違う品種かというくらい、花の表情が違う。
太陽の光を受けた方は、花も大きく、フリルもあり、花の色も濃い。
日陰の方は、若干控えめで、小振り。
しかし、影響力は暗くて、光の少ない窓の脇に植わっている方で、明るい玄関先では他の植物とも同化してあまりピンとこない。
[PR]
by netherbury | 2011-04-19 18:48 | Flowers
The connaught Hotel
c0046163_16253041.jpg

マラソン以外に何も予定していなかったので、とりあえず、お昼ご飯を食べにセンターへ。
日曜なので、チョイスがあまりなかったので、思いつきで近場にあるMitsukoshiのレストランで済ます。
その後、2週間後のホリデーの為に必要な物を買いに街をうろうろ。

一息入れようと、思いついた所はメイフェアにある、The Connaught Hotel。
ここのバー、前に来た時とても素敵だったので、また来たいと思っていたところ。
日曜のせいか、人がぜんぜん居なかったので、最後の方は貸し切り状態。
今年は一風変わった、なかなか良い感じの誕生日だった。


ブログランキングへ参加しています。
お時間があれば、1クリックお願いしま〜す!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by netherbury | 2011-04-19 06:34 | Event
My birthday @ London Marathon 2011
c0046163_16291650.jpg

晴天の青空が広がる4月17日、私の32歳の誕生日だった。
もうすぐホリデーだし、あまりこれという予定も立てていなくて、レストランも予約していない。
うちではお互いの誕生日は希望を聞き入れるのが習慣。
そして、私が思いついたことは、、、、、、、
「ロンドンマラソンを見に行こう。」
イギリスに住んで7年、一度も見にいったことがなかった。
いつかと思っていたけど、なかなか足を運ぶまでには至らなかった。
レース前、エンバンクメント駅の近く、35マイル(40キロ地点)を歩いている時、日本の旗を持った日本人グループに遭遇。旗を配られていたので、私とフィルぽんも頂くことに。

c0046163_1630593.jpg

そこから、50メートル先のちょうどロンドンアイが正面に見えるところでスタンバイ。
応援客もまだまばらで最初にスタートした女子選手の通過を待つ。

c0046163_16313525.jpg

初めに姿を現せたのは車いすの選手。がんばれ〜。


c0046163_16322439.jpg

さて、いよいよ女子のトップ。
先頭はケニアのMary Keitany選手だった。
は、早い、、、、。
既に40キロ走り終えたのにまだこのスピードを持続できる???
c0046163_1634859.jpg

2番目に見えたのはロシアのLiliya Shobukhova選手。力強い走り。
c0046163_1635101.jpg

待ちに待った日本人選手は赤羽有紀子選手。
ママさんランナーとは思えない、粘り強い走りで見事自己ベストタイムで6位入賞されたそう。
すばらしい!
日本人選手は震災の影響で調整も大変だったと思うけど、参加されたみなさんは本当によく頑張られたと思う。
c0046163_16372493.jpg

こちらは藤永 佳子選手。
赤羽選手の後にも数人の日本人選手がいたが、応援に忙しく写真を取り損ねる。
c0046163_1639396.jpg

中村友梨香選手、通過。

c0046163_16405669.jpg

そして、男子トップで通過したのは、ケニアのEmmanuel Mutai選手。

c0046163_16461081.jpg

そんななか棄権する選手も。
後、2キロちょっとでゴールという地点だったので、本当に残念。
マラソンを走ったこともない素人には、あと2キロと簡単に言ってしまうけど、ランナー達にとっては想像を絶するほど過酷なはず。周りの声援は後押ししようと沸き上がったが、彼はお腹を押さえてアピール。
相当、痛かったのだろう。
レースに向けて、ものすごいトレーニングをしてきたであろう選手達。ゴール手前で諦めるのは辛かっただろう。でも、この選手、最後は応援してくれた沿道に笑顔で手を振られていた。
お疲れさまでした。
c0046163_1702922.jpg

この選手は初め、本当に辛そうに足をガクガクとさせて、もう気力だけで走られていた。
で、ついにフラフラと地面に。その時も、まだ足は走ろうとしていた。
c0046163_1714756.jpg

係員も出て来て、で、みんなもう駄目かなっと思った。
c0046163_1724544.jpg

でも、手を差し伸べようとした係員を振り切ってまた、走り出す。
すごい精神力。
入賞できなくても、完走できなくても、こんなにすばらしい感動を与えてくれる。
c0046163_1774568.jpg

40キロ走って来て、さらに笑顔も見せてくれる選手。
おいくつなのかはわからないが、この歳でしかも、結構な早さ(多分この時はまだ2時間台だったと思う)
はすごい、、、、。

c0046163_1792269.jpg

お決まりのスーパーマン。でも、決してふざけているわけじゃない。
このコスチュームにもかかわらず、この方も結構な上位。
c0046163_1710388.jpg

ギャートルズだって、
c0046163_17123276.jpg

エンジェルだって、
c0046163_1714565.jpg


 
c0046163_1715220.jpg

グラディエーター達だって、
c0046163_17162510.jpg

一般日本人の方だって、
c0046163_1720940.jpg

みなさん、一生懸命。
c0046163_1820544.jpg

チャリティーの一環で、「誰、誰の為に走ります。」というスローガンを挙げて走る方もいたし、
みなさん思いは人それぞれ。
いつか、走れるようになったらハーフとか走ってみたいな〜。
一日置きの2〜3キロでもなかなか続けるのが大変な私にはかなり遠い道、、、。

追記:
スーパーマンランナー、なんとスーパーヒーローコスチューム部門で2:42.46のギネスWR更新したそう。
どうりで早かったはず。
その記事はこちら
[PR]
by netherbury | 2011-04-18 22:19 | Life
花と団子
c0046163_5165747.jpg

今週、一気に咲き出した庭のBluebell達。Forget me notと共にブーケにした。
来週の日曜はお友達たちとBluebell woodsまで行く予定。
ただいま満開なので、すごく綺麗だろうな〜。
毎年、この時期の恒例になりつつある。
一年前の結婚式でもたくさん使ったので、私達には思い出のある特別な花。

c0046163_5253326.jpg

花見と言えば、、、、。
この団子、ちょっと失敗した。間違って、上新粉を買ってしまったので、時間が経つと固くなった。
白玉粉か団子粉を買えば良かったらしい。
大量に作ったのに、フィルぽんは一口食べて、「いらん、、、」と言ったので、最後の残りを食べる羽目に。
[PR]
by netherbury | 2011-04-18 05:11 | Flowers
Time and Place.
c0046163_143393.jpg

先日、アマゾンのバウチャーがあったので、欲しいと思っていた写真集を購入する。
私が久々に、「おっ、これは、、、」と思った1冊。

コペンハーゲンにあるミシュランスターレストラン、
NOMA のシェフ、René Redzepi氏が追求するNordicスタイルの料理の数々。
彼は若干25歳の若さでヘッドシェフになるが、ある日、疑問を抱き、
旅をきっかけに厳しい自然環境で育つ未知な食材を料理に取り入れるようになる。
c0046163_16351.jpg

料理としての興味をそそるのももちろんだが、色合い、テクスチャーなんかはフラワーアレンジにも通じる美的感覚で、思わずため息が出てるほど美しい。
c0046163_18341.jpg

食べ物というか、オブジェのような、そんな一皿一皿を眺めていると、アートやな〜と。
c0046163_194241.jpg

普通のフローリストの本を見るより、また違ったことを学ばせていただいた。
c0046163_1104168.jpg

いつかコペンハーゲンへ行ったら、絶対にここへ行ってみよう。
そして、自然の姿、そのもののような料理を食すのだ。

ブログランキングへ参加しています。
お時間があれば、1クリックお願いしま〜す!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by netherbury | 2011-04-14 02:16 | Art
Dorsetの食卓
c0046163_1812287.jpg

ドーセットに滞在した週末はちょうど、イギリスでは母の日。
いつもお世話になっているお義母さんにお礼の気持ちを込めて、晩ご飯を作る事に。
あまり欲しいものもないと日頃言っているので、一緒にご飯食べるのがいいのかなと。
昼間、海辺の街まで買い出しに。
ドーセットに来たら、新鮮な魚が食べたいといつも思っているので、街で人気の魚屋さんへ直行。
こちらの魚屋のオーナーは地元〜コンウォールに掛けての漁師から魚を直接仕入れるらしく、どれもとっても新鮮。
義両親はカニ類や貝類をあまり好まないので、(私は本当はカニ食べたかった、、、、)
魚を物色。
c0046163_22373072.jpg

ケースの中にはたくさんの魚が並んでいる。
一番食べ易い、Sea bass(スズキ)と海老を購入。
c0046163_2242745.jpg

スーパーで買ったので味気ないけど、花も飾って。

c0046163_17552393.jpg

これはお義母さんが買っていたサーモン。
c0046163_17565434.jpg

アボカドとリンゴの海老のせ。
パリで以前食べた、アボカド+リンゴ再現。この組み合わせ、とても美味しいのでオススメ。
味付けはシンプルにレモン汁(酸化防止)やマスタード、少量のマヨネーズ、塩こしょうのみ。
軽く茹でた海老にオリーブオイルと塩、レモンで絡めたものを乗せて、ルッコラ、チャイブで飾る。
他のことで忙しかったので、フィルぽんに飾り付けを担当してもらう。
先日パリで買っていた型を使って。
時間があれば、ハーブオイルなんかを周りに散らしたかったな〜と後で思うが既に遅し。
c0046163_17584641.jpg

シーバスは軽く焼いて、柚子バターで仕上げる。
サイドはローストベジタブルのウォームサラダ。
c0046163_1824949.jpg

デザートは前に作ったロールケーキの残り。
c0046163_17264039.jpg

このチーズ、Cornish Yargというのだが、周りをネトルというイガイガの触るとかなり痛い雑草でコーティングされている。なかなかおいしいチーズだった。
c0046163_22434925.jpg

最後は次の日のお義母さん特製サンデーロースト。
ポークは地元産で、私達もたくさん頂いて来た。

ブログランキングへ参加しています。
お時間があれば、1クリックお願いしま〜す!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by netherbury | 2011-04-11 23:17 | Food
Forget me not.
c0046163_535926.jpg

久々に春らしくヘッダーの写真を交換完了。

ここ数日のお天気で庭の花が一斉に咲き出したので、家の中にも少しばかり拝借。
今、Forget me not(忘れな草)が満開。
庭に数株ライン上に植えたものが、今や辺り一面に種が飛び散った結果、雑草のごとく広がってしまった。
かわいらしい花なので嫌ではないけど、広がりようは半端ではないので、きっちり整ったガーデンが好きな方は植えない方がいいかも。
見かけの愛らしさと打って変わって非常にタフで、コンクリートの割れ目からも平然と咲いている。
君のことは嫌でも忘れないよ、、、、。笑
花屋で働いていた時もこの花を仕入れてもらうと、真っ先にブーケに取り入れていたのは私。
なんだかんだ言っても好きなんでしょう。
さあ、今日も良い天気なので、走りに行こう。

ブログランキングへ参加しています。
お時間があれば、1クリックお願いしま〜す!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by netherbury | 2011-04-11 19:05 | Flowers



spring has arrived!
by Netherbury
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30