<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
The perfect sunday.
c0046163_9275150.jpg

とってもお天気の良かった日曜日。
特に予定も入れず、家の中でグウタラとして過ごしかけていたのですが、これじゃイカンということで、お庭へでることに。
c0046163_928518.jpg

こんなお天気もイギリスでは珍しいので、無駄にはできません。(現に今はちょっぴり肌寒い気候に逆戻り、、、、^^:)
結婚式で買って、大量に余ったピンクレモネード。せっせと飲んでいます。
キンキンに冷やして、グビッと。おいし〜。
お庭の芝刈りと草抜きをしたのですか、長いこと放置していたので、もうジャングル状態でした。
日々のお手入れって、大切ですね〜。^^;
c0046163_9291371.jpg

ヨーロッパの夏は日が長いので、晩ご飯時でもこんなに明るい!
お庭で食べるといつもの平凡な手抜きご飯も意外においしい。
ちなみにこの日はハンバーグでした。
c0046163_9293685.jpg

玄関先にフレンチラベンダーを植えているのですが、最近たくさん蕾ができて、花数がかなり増えました。通る度に爽やかな香りが楽しめるのでとても気に入っています。
c0046163_929562.jpg

ビバーナムも満開!咲き出しのちょっとミドリっぽい方がかわいいのですが、その頃に写真に収める事ができなかったので、残念。もう散りかけですが、まるで、小さな紫陽花の様に見え、これはこれでかわいい♪
うまくいけば、このまま赤い実にもなるようなので、経過が楽しみです。(去年は実になる前に枯れました、、、。)
c0046163_9301783.jpg

アキレギア(西洋オダマキ)も毎年のごとく開花。手入れが全くいらず、毎年咲いてくれるのでとても重宝するお花です。
c0046163_9303618.jpg

毎年、元気に芽吹くスカビオサ。夏のかわいいお花の一つです。
c0046163_93102.jpg

お庭のチェリーも花が終わった後、確実に実りに近づいています♪
チェリーの収穫が今からとても楽しみ。今年もたくさんチェリー酒を作りたいと思います。

ブログランキングへ参加しています。
お時間があれば、1クリックお願いしま〜す!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by netherbury | 2010-05-28 09:56 | Life
Village Day.
c0046163_985428.jpg

先週の土曜日、友人naokoさんのご主人R氏からのお誘いで彼女らの住む近隣の村主催のイベントへちょっこらと行ってきました。
c0046163_993464.jpg

naokoさんは残念ながら仕事で来られなかったのですが、なんと、ランチに手まり寿司のお土産を作ってくれてました。ありがと〜、美味しかったです。他には、ホグロースト(豚の丸焼き)サンドも売っていたのも食べました。
c0046163_910525.jpg

村で作られたマーマレードを売るストール。ジャム好きのフィルぽんも購入。
R氏もこのジャムの他にルバーブも購入。料理博士の彼、何を作ったのかな〜。^^;

c0046163_9102852.jpg

イベントでは子供のファンシードレス大会や地元のブラスバンドの演奏など村のアットホームな雰囲気が伝わってきました。
で、ピッグレースまでやってました〜。
子豚が出てくると思いきや、結構大人〜なブタさん達登場、、、。^^;
始めはみんなで固まってしまって、なかなか進まないので、飼い主さんに追いやられる始末。
この日はかなりの夏日だったので、ブタさん達もお疲れモードだったのでしょう。
小さな村ですが、お天気も手伝ってか、結構な人出でした。


ブログランキングへ参加しています。
お時間があれば、1クリックお願いしま〜す!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by netherbury | 2010-05-28 09:21 | Event
雑草を食す。
c0046163_1594583.jpg

先週の日曜、フィルぽんを誘ってWoodsへ行こうとしたけど、本人、全く家から出たくないので、ちょっとご近所のNaokoさんを誘ってみた所、快くOKがでたので、張り切って行って参りました。
目的は美しいブルーベル、と思いきや、実はワラビ取り。^^;
c0046163_26566.jpg

こんな風にお花に紛れたりして、はたまたワラビ畑並に、フィールドいっぱいに広がっていたり。
ちょうどnaoko邸に訪れていたお友達ご一行様もお連れして、田舎ののどかな休日を楽しんだわけです。
みなで会話はほどほどに、黙々とワラビ取り開始。
こちらではワラビは雑草なので、イギリス人(二人の夫達)はさぞかし不思議がっていました。ネットで調べたのですが、poisonousで家畜にも食べさせないというほど。
ワラビ取りを終えて、車に戻ろうとしたその時、パトカーが私の車の後ろに止まりました。
私は焦って、ワラビをその場に置き、走って確認にいきました。
怪しいものでは無いということが分かったのか、警察官は「車上荒らしに気をつけて下さいね〜」と去っていきました。そりゃ、カメラ持って、長靴履いて、かなり安全な雰囲気ですよね。^^;
私はてっきり、採ったワラビを没収されるかと思いましたよ、、、、。^^;(でも、警察の人、ワラビを横目に「???」な顔付きしてましたが、、、)
ワラビは採ったその晩に灰汁抜きをしました。
一晩灰汁抜きをしたワラビは水につけて保存しました。
お料理方法ですが、まずお蕎麦にのせて。シンプルでおいしかったです。
あと、定番のワラビの炊き込みご飯。油揚げとシメジのみでしたが、すごくいい味が出ていました。
写真にはないですが、ワラビのベーコン巻きもおいしかったです。
c0046163_284511.jpg

でも、定番はやっぱり、醤油づけ。ご飯にとっても合います。ちょっと濃いめに味付け、煮過ぎないのがみそ。
初めてイギリスにてワラビを料理しましたが、感想は日本のものより太めで、若干毛が多いような、、、。あと、少し灰汁が強い気がしました。
穂先の方に特に灰汁が強く、私は穂先は取り除きましたが、私の灰汁の抜き方が悪かったのかな〜。
c0046163_292166.jpg

灰汁抜きですが、bicarbonate of soda(重曹)を使いました。
c0046163_295078.jpg

こちらはNaoko邸にて旦那様のR氏が作ってくれた塩豚。チーズクリームの野菜とともにいただきました。
とってもおいしかった〜。デザートはnaokoさんお手製のチーズケーキ。
目にも、舌にも充実した一日でした。^^;
こんな素敵な日にコンピューターに向かうフィルぽん。本当にもったいないな〜、、、、、。

ブログランキングへ参加しています。
お時間があれば、1クリックお願いしま〜す!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by netherbury | 2010-05-17 05:26 | Life
My Wedding 02/05/2010
c0046163_0241085.jpg

バンクホリデーの日曜日に無事に結婚式を挙げることができました。
場所はフィルぽんの生まれ故郷、West Dorsetにあるマナーハウスを借り切って行われました。
まずは、遠いところ来ていただいた友人、家族にとても感謝しています。
イギリスらしいお天気で、(笑)寒い中、震えながら写真撮影をしたり、アイスランド火山に一時は脅かされたり(海外からの出席者が多かったので)、式前日は同僚と夜遅くまで花の準備をしたり、難あり、苦ありでしたが、当日はとても良い式を迎えることができました。お天気も寒かったものの、天気予報では大雨予想であったにもかかわらず、当日は曇りで留まってくれたりと、運にも恵まれました。
c0046163_0252435.jpg

トイレの入り口のお花。このマナーハウスの中で大好きなところの一つ。ベネチアングラスの鏡が素敵です。花瓶は私物のウェッジウッド。
実は自分の手元に写真があまりなく、(当たり前か、、、、)ヘアメイクの前にちょこっと花だけでもと思い、カメラを持って、写真を撮りにいきました。
c0046163_0572544.jpg

髪型は友人のnaokoさんにしていただきました。式の前に彼女のお家で何度か練習したのですが、もう完璧に仕上げていただきました。
naokoさん、ありがと〜。
私の身に着けているベールは「バードケージベール」と言って、1940〜50年代に流行ったもの。
イギリスでは取り扱っているところが珍しいので、ネットでアメリカより取り寄せました。
フィルぽんのスーツはハリスツイードの生地で、シャツはリバティーの物。ネクタイはせず、クロバットというスカーフのような物を巻きました。
タキシードとかそういうたぐいの物は全く興味なく、(似合いもしなさそう、、、、^^;)カジュアルなスーツにしました。でも、古いマナーハウスの雰囲気にもあっていて良かったと思います。
c0046163_0261332.jpg

階段の側の窓辺。
同僚のSueとSammyにはかなりお花を頑張ってもらいました。彼女達がいなければ、こんなに大きなマナーハウスでのたくさんの装飾は不可能でした。
式の2日前、フィルぽんの実家に大量の花が届きました。
いつも仕事で取引のある花のサプライヤーのブリストル支店からと、David Austinのイングリッシュローズ。
これも、仕事関係で卸値で花が買えるからこその醍醐味で自分の好きな花や色をふんだんに使うことができました。届いたお花は義理姉のJudithに手伝ってもらって、丁寧にコンディション(水揚げ)しました。
c0046163_195642.jpg

前日にwedding favour の準備を妹と母親にお願いしました。
小さな植木鉢に入っているのはバイオレットのスイーツ。
クラフトの袋(気に入る袋が見つからなかったので、自分でミシンで縫いました。)にはポワラーヌのクッキーを詰めました。日本ではきっと式場にこういうものは任せることが多いのでしょうが、こちらでは誰もやってくれない+業者には自分の好みのデザインがないので、ネームカードから招待状、すべて手作りです。
デザインを考えたり、印刷したり、そういう準備も楽しかったりしました。
ネームカードはステッカーに印刷してから、紅茶で一つ一つ手作業で染める→ドライヤーで乾かすをくり返すという手の込みよう。義理姉のFrancesに手伝ってもらいました。できるかぎり、アンティークな雰囲気を作りたかったので、こういう小さな工夫も後になってやって良かったと思いました。家族で和気あいあいと作業するのも楽しかったし。
c0046163_0264685.jpg

大きなアレンジやブーケ等はすべて同僚に任せたので、意外に自分の担当した花の装飾って少なかったんですが、マントルピースの部分は自分で。
c0046163_1235674.jpg

バイオレットをモスで巻いてグラスの中に。
これ、実はかなり安上がりなアレンジなのですよ〜。
バイオレット1箱15株入り  £3.00 @Homebase
グラス 6こセット     £2.99         @IKEA
キャンドルもIKEAにて。
このウェディングでかなりIKEAにお世話になりました。ホント、安いですね〜。^^;
アイビーは前々日にフィルぽんとwoodsへ行って取ってきました。
c0046163_154848.jpg

アンティークの家具の上に私物のグラスの花を無造作に生けて飾りました。
当日、サプライズで私とフィルポンの小さな頃からの成長過程の写真が飾られていて、とてもビックリとしました。ちょっと恥ずかしい写真も混ざっていたりしたので、「やられた、、、、」という感じでした。^^;
c0046163_027920.jpg

マナーハウス内はとってもデコラティブなので、花の装飾は控えめで。
このラウンジは式の合間に出席者にくつろいでいただきました。
小さなブルーベルのブーケをたくさんコーヒーテーブルに置きました。
あと、速攻で余ったお花でハウス内にあるアンティークの花器で同僚がアレンジを作ってくれました。

c0046163_0305888.jpg

あのドレスもAnnetteに素敵に仕上げてもらいました。急遽余り布で作ったストールも寒かった当日には大活躍。作ってもらってホントに良かったです。
いろいろマナーハウス側との連絡ミスで気を揉む場面もありましたが、最後にはやってよかったと思える式になりました。マナーハウスのいろいろな「ああ、やっぱりここはイギリス、、、、」と思わせてくれる残念な事もあったけど、友人や家族から写真が届く度に自分たちの姿を見て、今は良い思い出ばかりが残るようになりました。
家族や友人の助けを借りながら、すべて自分達で作り上げて来たということが一番の思い出です。

書きたい事全部が書けませんでしたが、結婚式はこんな感じでした〜。^^;

ブログランキングへ参加しています。
お時間があれば、1クリックお願いしま〜す!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by netherbury | 2010-05-09 01:57 | Life



spring has arrived!
by Netherbury
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31