<   2008年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Cooking at home.
c0046163_583873.jpg

週末にいろんなところへ行って感化されたNetherbury。お家でももっとお料理したり、健康に楽しく暮らす事を考えたいな〜っと久しぶりにお菓子なんぞ焼いてみた。
ちなみにこのさっそくゲットしたLibecoのリネンはリビングのテーブルにピッタリサイズなのでそこへ。
c0046163_5132945.jpg

と、言ってもいきなりすばらしいお菓子が作れる腕もなく、簡単にできるスコーン。
型が見つからなかったので、ハート形(意外に以前フィルぽんが買って来た!)のでちょっとかわいらしく、、、。おいしく焼き上がったのですが、私が薄く伸ばしすぎたため、膨らみも少なく、ちょっとパサッとした。今度はもっと分厚い目でふっくらと、しっとりと仕上げたいと思います。
c0046163_517812.jpg

濃厚なコルテッドクリームとジャムをたっぷりと乗せていただきます。d^^b
c0046163_5195053.jpg

久しぶりにリーフティーを入れたので、最近買ったお気に入りのティーストレイナーを登場させました。
フィルぽん、これを凝視。で、一言、「ナニコレー。。。」(日本語)
買ったことを言ってなかった隠していたのでビックリしたよう。ほほほ、たまには優雅にお茶もええでしょうが〜、、、。普段、ティーバックが主流の私達、(ポットを洗うのがめんどくさいもので、、、、)ちょっとした変化でゆったりとした気分を味わいました。お茶好きのフィルぽんも大喜び。^^v

c0046163_5275975.jpg

平凡アフタヌーンティー(笑)の後のディナーはシンプルなオムレツ。
なかなかうまく形成できたのでうれしくて写真とってしまいました。^^;
いつもバターをケチって失敗します、、、、。
[PR]
by netherbury | 2008-02-28 05:33 | Food
I'm a big fan of Daylesford Organic!
c0046163_9213459.jpg

金曜の夜パブでフィルぽんやフィルぽん同僚たちと飲んでいるときに勢いで急に決まった、コッツウォルズ行き。実は、渡英もうすぐ4年になるNetherbury、一度もこの有名なコッツウォルズへ来たことがなかったのです。
こういう名所巡りが嫌いなフィルぽん、めずらしく「いいよ〜。」とgoサインを出してくれて、その意外な反応に表紙抜けしてしまいました。なにか頼む時はお酒の席で♪と心に誓いました。^^;
で、今日の朝ネットに向かっていろいろ調べてるとき、ふと今週行ったDaylesfordが頭によぎる。とりあえず、フィルぽんにウェブサイトを見せて、「たぶん、こんなお洒落なところ、行きたくないっていうだろうな〜、、、」と駄目もとだったのに、フィルぽん、「いいね〜行ってみよう〜」と返ってきました。こうトントンとうまくいくとは、なにかあるんではないかと思ってしまったほど。(爆)^^;
でも実は、サイトでvenison(鹿肉)の文字を見たフィルぽん。彼は大の鹿肉好き。これが決めてになったようで、ちょっと単純なこの人に笑ってしまいました。^^;

行きは私が運転していくことに。家からコッツウォルズはけっこう思ったより近くて意外。ちょうど1時間45分くらいかかります。

c0046163_932978.jpg

お店に入ったとたん、もう大興奮♪わたしのパラダイス、daylesfordは期待を裏切りませんでした。
まずは、併設のレストランでランチ。
c0046163_934141.jpg

私は子牛のレバー。レバーなんて何年ぶりでしょう。日本ではよく食べてたのに、この国に来てから食べる機会もなく、存在すら忘れがちでした。
で、このレバーちゃんのおいしいこと!
このレストラン、ロンドン店と少しメニューが違うようで、種類も豊富でした。
フィルぽんはもちろんvenisonバーガー。^^;
c0046163_9424987.jpg

レバーのボリュームがけっこうたっぷりだったので季節のフルーツ盛り合わせとシャーベットに。果物もすごく新鮮でおいしくて、大満足♪ルバーブを生で食べたのは初めてでした。ちょっと酸っぱくて最後には残してしまいましたが、、、。果物全体には蜂蜜がかかっていて、その組み合わせがおいしかったので今度自分でもハニーフルーツやってもようと思います。

c0046163_9462342.jpg

お腹が満たされた後は、もちろん併設のお店散策。食べ物系はお腹いっぱいであまり買う気がそそらなかったので、朝用のパンやクッキーのみを購入。もっと、ビン詰めなどじっくり見たかったな〜。

フローリスト、ガーデンショップももちろんあります♪
c0046163_9495442.jpg

フィルぽんもめずらしく一緒にお店を見ていて、お値段設定にビックリしながら、「これ、ボクのお父さんなら簡単に作れそう、、、、」とかいちいちコメントを述べていました。^^;
c0046163_952381.jpg

この石もすごくかっこいいんです。お庭にはこれがたくさん並べられていましたよ〜。
ここでまたフィルぽん、「友達のティム(彼はストーンメイソン、彫刻の勉強をしています)なら簡単に彫れるんじゃないか、、」とさっそくテキストしていました。^^;
c0046163_9562959.jpg

ここの場所は一面に家畜の匂いが漂うんですが、自家製と思われるコンポースト(堆肥)も売ってました。麻の袋に入ってて、もうなにもかものプレゼンテーションが完璧。隣では家畜の飼われている建物もありました。
最後にキッチンコーナーにて、Libecoのクロスなどを買って帰りました。

ここはまたぜひ訪れたいです〜。

その後向かったのは


c0046163_1014331.jpg

Daylesfordより車ですぐのstow-on-the-Wold へ立寄ました。
ここはアンティークのお店がたくさんあるようでしたが、ちゃんと覗かなかったので収穫ももちろんゼロ。街を少し歩いて、Toy museumを見て終了。
街自体はドーセットでもありそうなごく普通の規模だったのでフィルぽんもちょっと飽き飽きしてきて、一気に帰るモードに。
私としてはもう一つの村くらい行っときたかったのですぐに移動。
c0046163_1022468.jpg

Bourton-on-the-Water へ到着も、お天気もどんよりだったために、車で通り抜けてのみで終了。
次回はもっとバイブリーとか違う村にも行ってみたいな〜。その際にはもちろんdaylesfordをエサにフィルぽんを説得したいと思います。^^;
[PR]
by netherbury | 2008-02-24 10:25 | Travel 
Spring has come already.......
c0046163_20105099.jpg

最近のロンドンはまた一段と寒いのですが、小さな春を見つけました。
仕事場の近所にて。
ちょうど外回りの仕事の合間に通りがかったら、素敵な一面に出くわす。
春はもう始まってるのですね〜。
c0046163_20124753.jpg

春といえば、私は季節の変わり目に食器類がほしくなる癖が、、、。
新たにイッタラさんが仲間入り。お皿もほしいな〜。
今日は久々の平日offの日。これからお出かけしてきま〜す。
[PR]
by netherbury | 2008-02-21 20:14 | Flowers
Sunday afternoon......
c0046163_7593370.jpg

日曜日は朝ゆっくりと寝て、お昼過ぎにまた毎週末恒例になりつつあるお気に入りの街へ。
c0046163_805421.jpg

アホの一つ覚えのようですが、みなさんにおなじみのカフェへまたいっちゃいました。フィルぽんの同僚もこの街の近くに住んでいるので、待ち合わせて一緒に遅めのランチ。
この日の日替わりメニューの黒板から選んだビーフストロガノフ。
これもめちゃめちゃおいしかったです。
お友達とたわいもない話をして、楽しい時間を過ごした後は、近くのアンティークショップを物色。
c0046163_841179.jpg

で、見つけちゃった〜。前から欲しかった古い木でできたタオル掛け。
ずっと探してたこともすっかり忘れてたわ〜。アンティークってこういう感じで突然遭遇するので、止められません。
c0046163_86189.jpg

さっそく、お手入れ開始。オリーブオイルで拭いてやると自然な光沢がでます。
バスルームですでに活躍中♪
[PR]
by netherbury | 2008-02-19 08:08 | Food
The late valentine's lunch.
c0046163_6454024.jpg

今日は毎年恒例のバレンタインディナーの変わりにランチへ行ってきました。
うちからほど近いこちらのホテルにて。
ここのbuffet食べ放題は平日は28ポンドからとお得なんです。行った人が良かったと言ってたのでずっと試したくて、今日ようやく実現。
c0046163_6505849.jpg

相変わらず、ホテルのお花は見所満載で、毎回すばらしいデコレーションで出迎えてくれます。勉強になります〜。^^;
c0046163_6523425.jpg

ホテルには何カ所かレストランがあって、こちらはカジュアル版なので気兼ねなくお食事ができます。開店と同時に到着したのでまだ、人もまばら。
c0046163_6544474.jpg

さて、まずはサラダ系からスタート!欲張ってはあまり食べられないと思い控えめで。パン類は食べないでおこうと作戦を練っていたら、お向かいのフィルぽん、ガッツリモリモリ〜♪^^;
c0046163_6571887.jpg

次はシーフード系で。エビちゃんに目がない私は欲張ってついつい3匹も連れてきてしまいました。スモークサーモンはまあまあの味で、これは食べなくってもよかったかも〜。こちらのビュフェでは一皿終わって、その場で終わったお皿を下げていってくれるので、残して次また新しい物を取りに行ってもテーブルにはちゃんとスペースが。また、エビを食べ始めたら、ちゃんと指洗う用のお湯もささっと持って来てくれました。ちゃんと目が行き届いているのね〜。ナプキンをいつもたたむのを忘れて、いざ次の食べ物に繰り出す私のナプキンをちゃんとたたんでくれ、そっとテーブルに置いてくれるウェイターさんを見て、フィルぽんに厳重注意を受けるNetherbury。^^;
c0046163_744657.jpg

もう、お料理もいろいろでお肉、野菜のロースト全般、お魚、オリエンタル系と様々なコンビネーション。
c0046163_762859.jpg

Venison(鹿肉)のステーキがまた柔らかくっておいしかった〜。あと、ポークベリーのローストも絶品。ローストビーフもかなりおいしかったらしいです。
c0046163_782035.jpg

オリエンタル系は普通だったかな。なんかTakeawey風のメニューでした。
c0046163_795373.jpg

もう、これでもか〜というくらい頑張ったけど、これ以上無理だったのでデザートに突入。^^;まだ食うか〜、、、、。フィルぽんは早食いの為にすぐのデザートに辿り着こうとしたために、「もっと食べ〜、もっと行けるやろ〜」と激を飛ばす私。
デザートは見た目もかわいくて、ついつい取り過ぎてしまった。
c0046163_7133866.jpg

ご覧の通り。紅茶と一緒にいただきました。パンナコッタみたいなのはちょっと乾き気味(多分長く置かれ過ぎ?)だったのであんまりだったけど、他のケーキはとってもおいしかったです。
c0046163_715910.jpg

う〜、もうだめ〜といいつつ、心残りのこれを食べて終了。^^;

結論から、buffetというか、私達が行くとどうも食べ放題というイメージになってしまいましたが、全体的にはおいしかったです。やはり、これだけ種類があるとはずれもあるし、料理のタイミングで時間が経ってしまったりということになりますが、お肉類が特に美味しかったし、いろいろ選べて楽しかったので、これはまたリピートしたいと思いました。

c0046163_7219100.jpg

風船のごとくの二人はホテルのお庭に出てちょっと冷たい空気にあたりにいきました。
ここのお庭がまた素敵なんです。
c0046163_7411743.jpg

お庭に面してる部屋からは綺麗な景色が一望できます。泊まりて〜、、、。
c0046163_7225991.jpg

お庭の果てには宿泊客用のゴルフコースが広がります。
c0046163_7253994.jpg

こんないつかお泊まりしてみたいホテル、レストランに予約する時にいつも「Are you a resident?」(お泊まりのお客様ですか?)と聞かれるのですが、yesと言ってみたい、、、、。てか、私、ある意味ホテルのふもとのresidentなわけですが。^^;
ホテルのbuffetに興味のある方、また行ってみてくださいね〜。ところで、ロンドンのホテルでbuffetとかやってるとこってそんなにあったかな〜?日本だと豊富で美味しいところもたくさんあるのにね〜。
[PR]
by netherbury | 2008-02-17 07:44 | Food
St.Valentine's day has gone......
c0046163_19172847.jpg

ひぇ〜、やっと終わりました〜。働きまくった三日間、やっと終わりました。
3日で何時間働いたんでしょうか、、、、。たぶん40時間弱。恐ろしいです。
残念ながらバレンタインのお花屋さんの模様は写真を取る間も無かったのでアップできませんが、(そんなことしてたら、ハイボルテージなボスから何いわれるかたまったもんじゃない、、、、^^;)
どんな忙しさかというと、一ヶ月のオーダーが1日に集中する感じ?うちは小さなフローリストなので200件以上のオーダーが来て、それを少人数で作るってそれは、それは奇跡に近い事。オーナーとエミリークはオーダー担当に時間をさかれた為、他の数人でほぼオーダーを作るわけで、お店で一番の古株の私にお得意様オーダーが回ってきて、すごく気が疲れました。2〜3日間で私が作った総数はきっと大小入れたら80束くらいいくのでしょうか、、、。もう何を作ってたすらうる覚え。

なにはともあれ、肝心の私とフィルぽん間はカードのみ。当日の早朝起きたら、ダイニングテーブルの上にカードが一枚置いてありました。^^;
で、私も買っていたことにそこで思い出し、(笑)電車を逃すリスクを追いながら、急いで書きました。危ない、危ない、忘れるところでした。

日本の女子はきちんとチョコとか用意しててえらいな〜っと反省。イギリスにいて良かった点は、男性側がメインなこと。お店のお客様もたくさんの甘〜いメッセージを添えてお花を女性にプレゼントされる訳ですが、すごく甘いのを見つけると、
お店では大盛り上がり。

Netherbury(パートナーあり)、ボス(晩婚)
「きゃ〜、うちらのBoysには地球がひっくり返ってもこんなこと言えないよね〜、、、、。」

エミリーク(ゲイ、シングル)
「くやし〜、、、。」

今年の1人の最高額は500ポンド(10万円強)。でっかい花瓶に赤いバラのドームで何本も入ってるもの。こんなの送られる女性はすごいですよね〜。でも、実際自分がされたら、引くかも、、、。^^;お花好きだけど、赤いバラはあまり好きではないし、第一、仕事場にこんなでかいものが届くとどうやって持って帰ればいいんでしょうか、、、。

とりあえず、大きな仕事が終わってホッとするNetherburyなのでした。
今日はゆっくり、近所のホテルへランチに行ってきます。
[PR]
by netherbury | 2008-02-16 19:48 | Event
It's coming........
c0046163_7443197.jpg

今週はついに一年の大イベント、恐怖のバレンタインデーがやって来ます、、、、。
すでに、すごい仕事量に追われる日々を送っています。
一段落して生還した暁には、またブログの再開をします〜。^^;

みなさん(笑)素敵なバレンタインデーをお過ごしくださいね。
[PR]
by netherbury | 2008-02-12 07:51 | Event



spring has arrived!
by Netherbury
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29