カテゴリ:Travel ( 148 )
Holiday in Saint- Jean- Cap- Ferrat : Day 4
c0046163_6364534.jpg

ノロノロとまだ南仏旅行記が続いているけど、早くしないと年を越してしまう、、、。汗
日々のドタバタで記憶が薄れる寸前なので早く終わらせなければ。^^;
ちょっと写真が多くなったので興味のある方はどうぞ。

More
[PR]
by Netherbury | 2012-11-22 06:55 | Travel 
Holiday in Eze, La Turbie : Day 3.
c0046163_4103668.jpg

ここのところバタバタしたり、うちのwi-fiに問題があったりでずいぶん時間が開いてしまった。。。
さて、旅行3日目は一度は行きたかったEzeへ。
c0046163_4111116.jpg

前日に南仏に珍しく嵐がやってきた為に雲行きもまだ怪しく雲の様子を見ながら出発。
滞在していた所から15分くらいで到着。
朝到着したのに駐車場が小さくて、既にほぼ一杯でグルグル回っていたら、運良く空いて止められた。
さすが、人気の村だけあって、次から次へと観光客がやってきた。
c0046163_81441.jpg

ここはバギーが入らないので、抱っこ紐を装着して村探索。
細く、階段が多く、人も多かったので、子連れにはなかなか大変だった。
気がついたら、ぜんぜん村の写真を撮る余裕がなかった。
c0046163_4115628.jpg

お昼はシャトーエザで食べる予定が予約をしていなかったために一杯だと断られる。
ここからの眺めが素敵だと聞いていたのだけど、折角なので頂上にある
Le Jardin exotique
へ。
c0046163_4141123.jpg

ここからの眺めが本当に美しくて、6ユーロをケチらなくて良かった。^^
サボテン公園だけど、サボテンを見るというよりは、景色を楽しみに行くといった感じ。
日本人の旅行者もちらほらといらしたので、お言葉に甘えてお願いして記念に家族写真を撮った。
その後、また別の旅行者からも写真のオファーを頂き撮ってもらう。
たしかに、記念撮影にはピッタリのロケーション。
青い海と空が南仏に来た〜という気分を高めてくれた。
下山した途端に雨が降って来て、適当に見つけたレストランへ駆け込む。
c0046163_851247.jpg

Ezeを後にして向かったのはLa Turbieという、モナコに近い村。
c0046163_86035.jpg

ここは先ほどのエズと比べて、ぜんぜん観光地化された様子がなく、観光客も見当たらなかった。
ツーリストオフィスに行ってみたけど、唯一の観光スポットらしき公園も、昨日の嵐でダメージを受けて、清掃中で見学できないといわれたので、通りを散策。
c0046163_8630100.jpg

ひっそりとした街の中には素敵なお住まいが沢山。
誰かの別荘だったりするのかなあと横目に気になりつつ、うろうろ。^^;
c0046163_865671.jpg

雲に覆われている向こうはEzeの方向。
車を停めた近くに林があり、ちょっと登っていくと、、、、
c0046163_885651.jpg

そこに広がっていたのは、モナコ!!!
(誰かの家の庭の側の崖っぷちで撮影。笑)
結局この旅行でモナコへは行けなかったので、この目で見れて良かった。
[PR]
by Netherbury | 2012-11-08 06:10 | Travel 
Holiday in Nice : Day 2.
c0046163_2505834.jpg

2日目は月曜日だったので、コーサレヤでのブロカントを冷やかしに。
いつもならじっくり時間をかけて品定めしたかったけど、子供がいたら無理。(旦那も、、、笑)
なので、さっくり見学程度に。
c0046163_2515038.jpg

いろいろお皿のセットなど欲しいなあと思えるものもあったけど、なんせ荷物を増やせないので断念。
c0046163_252219.jpg

最近のフランスのブロカントの事はあまり分からないのだけど、全体的にお値段は高めだったかなあ。
c0046163_6274494.jpg

ぎょっ。シュールなお人形さん達。
c0046163_2524930.jpg

ここのストールにはなかなか光るものがあった。
c0046163_2543711.jpg

さて、ブロカントを一回りした後は旧市街を探索。
c0046163_2551719.jpg

旅行に行くと旧市街を回るのが好きなのだが、ニースはなんと言っても南仏らしいカラフルな窓が可愛い。
c0046163_2554951.jpg

カフェの曲がり角にて。
c0046163_2562747.jpg

どこかのお店のワンコ、お散歩ワンコにご挨拶。
c0046163_2571567.jpg

何気ない日常が絵になる街角。
ちなみに旧市街の細い路地にはお土産屋さんやカフェ、レストラン、デリ等が所狭しと並んでいて人も多く、活気がある。
[PR]
by Netherbury | 2012-10-17 05:09 | Travel 
Holiday in Nice : Day 1.
c0046163_626381.jpg

妊娠時にNYに行って以来、久々の旅行。
初めての子連れ旅行でロンドンからほど近いが青い海、空を求めニースへ。
飛行機で2時間とあっと言う間に到着。
息子は初めての飛行機だったけど、機内に居合わせたおばちゃん達に笑顔を振りまいている間に到着と心配していた割にはあっけないフライトとなった。
よかった〜。^^
写真はEze(エズ)からの眺め。
丁度、真ん中辺りのビーチのところが今回借りたアパルトマンがあるところ。
ニースとモナコの間にあるBeaulie-sur-merという小さな街でとても静かでのんびりできた。
ニースと言えば、、、の友人よりいろいろ復習していたので調べる時間があまり無かったけど、なんとか有意義な滞在になった。
子連れなのでかなり制限があり、とてもゆっくりのペースではあったけど、1週間滞在したので行きたかった可愛い村々を訪ねたり、ニースで買い物したり、やりたい事は充分出来た。やはり予想通りレストランなんかでの食事は大変。
なので、夜はアパルトマンで自炊が基本。
c0046163_6394671.jpg

到着は夕方遅めだったのでその夜はなにもぜずリラックス。(というか買い物に行けず、その夜は近くのスナック屋さんのパニーニとチップスにしかありつけなかったという、、、。哀)
土曜日だったのでたくさん沖に船が泊まっていて眺めていたら、
なんと綺麗な花火が上がり始めた。結構豪勢な花火だった。
アパルトマンのテラスからは絶好のポジションで、もうまるで自分達を歓迎してくれているかのよう。(思いっきり便乗、、、。^^;)
c0046163_6241787.jpg

次の朝は私1人早起きして、(というか目が覚めた)テラスへ出て朝日を見た。
でも、結局朝日を見たのはこの日のみ。(起きられなかった。。。笑)

c0046163_6275471.jpg

男どもは興味なしでグースカ、グースカ、、。汗
c0046163_6285032.jpg

ここのアパルトマンに決めた理由はなんといっても180度海が見渡せる景色。
正直、内装は普通でインテリアもお洒落でもなく、簡素な感じだったのだけど、このテラスがあったら何もいらないと思った(初めは、、、^^;)。
下はすぐビーチなので、ザッブーン、ザッブーンと終始波の音が聞こえてくる。
c0046163_630255.jpg

一つ残念だったのは、wi-fiが壊れていて結局滞在中に直らなかったこと。
何度かマネージャーに交渉に行ったものの、、エンジニアがなかなか来なかったりで、しまいには「南仏はどこもこんな感じでゆっくりのサービスだからね、どうしようもないよ。」と言われておしまい、、、。汗
なので、もう諦めた。

c0046163_6375373.jpg

1日目はゆっくり過ごしたかったので、下のビーチへ。
息子は初めてのスイミング、といきたかったけど、さすがに水が冷た過ぎて入れなかった。
せっかく浮き輪買ったのに、結局使えず。
しかし、フィルぽんは喜んで泳ぎに行った。笑
c0046163_6383285.jpg

初めての海はどのように写ったのだろう。
c0046163_6385975.jpg

この日は南仏らしい気候だったのだが、結局このお天気はこの日だけで後は雨が降ってしまった。(しかもある1日は豪雨!)
ビーチに早めに行っておいて正解だった。
[PR]
by Netherbury | 2012-10-07 07:41 | Travel 
Hastings.
c0046163_574885.jpg

久しぶりにフィルぽんが平日休みだったので、海沿いの街、Hastingsまでちょっくらドライブ。
ブライトンよりこじんまりしていて、静かな印象の街。
ユニオンジャックに紛れて、洗濯物???
c0046163_581745.jpg

ハイストリートにはちょこちょこ雑貨屋さんがならび、夏場は賑わうのだろうけど、
まだシーズン前なのか、人は多くなかった。
c0046163_584928.jpg

通りには意外にジャンクショップがたくさんあった。
赤ちゃん連れなので、中へ入ることはできなかったけど、、、。
c0046163_59186.jpg

お目当てのshopに到着。

c0046163_59453.jpg

私はプリシラ カルアッチョさん(今は無きfew and farの元オーナー)のブログで知って行ったのだけど、alistair hendyさんという写真家/フードスタイリストのお店だと後日、友人に教えてもらった。
なるほど、納得のセレクトだった。
c0046163_5101296.jpg

店内に入った途端にノスタルジックな雰囲気に包まれる。
自分自身、実はかわいい雑貨より、こういう無機質なビンテージやアンティークが好きなので、心の中で「来た〜っ」と叫んでいた。笑
こういうお店ってキャッチーな物が人気のイギリスでは実はすごく少ない。
c0046163_5103994.jpg

ビンテージの食器類。

c0046163_511148.jpg

3階建ての古いビルすべてがショールーム。
かっこいい階段。
息子をバギーから出して、抱っこして古い階段を登る。
c0046163_5113996.jpg

家の増築をするので最近、またインテリア関係を物色中なのだけど、こんな感じのランプシェード、いいなあ。
c0046163_512825.jpg

店内はスタイリングが完璧で、こういうハサミ類も置いてあるので、正直、小さな子供連れでは行きにくいけど、ツボをつく物ばかりで目移りしまくった。
c0046163_5124698.jpg

古い瓶もたくさん並べると素敵。
c0046163_51320100.jpg

何に使うのか不明なブラシがたくさん。
私はここでほうきを購入。
c0046163_615762.jpg

家を出るのが遅くなってランチの時間を逃し、唯一見つけたシーフードを食べれそうなレストランへ行ったものの、ランチ時間終了で入れず、しかたないので、なんてことないフィッシュ&チップス屋にて、遅めのランチ。
天気も悪くなりそうで、駐車場に近い場所からまた通りに戻って行くのは大変だったのでかなりの妥協。
地元で取れたお魚のグリルということで味は美味しかったけど、ちゃんとレストラン、カフェでも良かったから、行きたかったなあ。
いつも思うのはイギリスの海辺の街って圧倒的にフィッシュ&チップス屋が多くて、食べるところに困るのは非常に残念。
どうも煮え切らなかったので、帰りにお魚屋さんに寄って、いろいろ買って家で食べる事にした。
(そんな事もあろうかと、保冷バッグ+アイスを持参していた私は天才、、、。笑)
帰りにM25で渋滞に巻き込まれ、ノア君ギャン泣きで家路に着いた。汗

ブログランキングへ参加しています。
お時間があれば、1クリックお願いしま〜す!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by Netherbury | 2012-06-17 06:29 | Travel 
Eldersfield*Chipping Campden
c0046163_1511591.jpg

Eldersfieldという小さな村にあるPubへ。
c0046163_15134954.jpg

な〜んにもないところにポツンとあるので思わず通り過ぎそうになった。
パブに入ったら、若い女性に案内され、席に着く。
どうやら、旦那様がシェフで奥様がサーブされているらしい。
田舎にはこういう家族経営のパブやレストランが多い。
バーには地元のリタイアしたであろう初老の方々が友達同士で昼間からビールをたしなまれていた。
きっと、唯一の社交の場なんでしょう。
c0046163_15145735.jpg

パブだけど、こんな美味しいパンをサーブされるとすごく嬉しい!
c0046163_15154099.jpg

私は前菜にコーニッシュフィッシュスープを。
濃厚でしっかりしたお味だった。
c0046163_15164723.jpg

肉続きだったので、メインもお魚で。
鯛のグリル。
表面はパリパリに焼かれていて、美味しかった。
一ついえば、ちょっと塩分が強かったかな、、、。
c0046163_15194946.jpg

フィルぽんは鴨のロースト。
柔らかくってとっても美味しかったそう。
c0046163_15174648.jpg

デザートはお腹が一杯だったのでパスして、フィルぽんのキャラメルチーズケーキをちょっと分けてもらった。
おまけにキャラメルアイスをもう一個追加してくれた!^^;
c0046163_2123795.jpg

ランチの後はChipping Campdenへ移動。
ここもコッツウォルズの中では人気のある街だけど、この日は観光客も少なかった。
c0046163_213949.jpg

メインストリートを横切って、人の少なそうな路地へ行ってみた。
c0046163_214778.jpg

教会へ向けて歩いてみる。
c0046163_21524100.jpg

c0046163_22328.jpg

う〜ん、美しい町並み。
c0046163_2164826.jpg

壁の枯れた植物でさえ美しい。
c0046163_15221478.jpg

教会の墓場(笑)から見渡せる風景がいかにもイギリスらしい。
c0046163_21867.jpg

*番外編*
最終日、帰りにNailsworthにある、ちょっと最近テレビにもちょくちょく出ているBakeryへ行ってみる。
c0046163_218546.jpg

併設のカフェで朝ご飯にデニッシュ頂く。
美味しいけど、次にわざわざ来るかなあ、、、。^^;
でも、お近くの際は是非♪
田舎で美味しいパンが手に入るのはとっても貴重。
とりあえず、パン数種類とクグロフを購入。
c0046163_2193877.jpg

その後、そこから20分のところにあるChipping Sodburyという街の本家?のベーカリー+ブッチャーへ。
ここのブッチャーで煮込み用の牛肉とポークパイ、スコッチエッグを購入。
意外にもここのスコッチエッグ(ソーセージミートの中にゆで卵が入っていて、それをパン粉を付けて揚げたもの)が初めて美味しいと思った。

1日1村という予定でかなりゆっくりとしたコッツウォルズ旅行、なかなか普段こんなペースでは行けないのでそれもまた新鮮で良かった。
子供が産まれたら、またそんな感じで他の村々も再訪問してみたい。

ブログランキングへ参加しています。
お時間があれば、1クリックお願いしま〜す!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by Netherbury | 2012-03-29 15:23 | Travel 
Winchcombe
c0046163_0452710.jpg

滞在中に訪れたWinchcombeという街。
ハイシーズンはきっと沢山の人で溢れてるであろう街並みも冬場はひっそりと佇んでいた。

c0046163_0471037.jpg

ランチまでにちょっと時間があったので、ハイストリートを歩いてみる。
c0046163_046599.jpg

アンティーク屋さんを覗いてみたりしながら、てくてく。
c0046163_2231875.jpg

ランチにフィルぽんが予約していたレストランへ。
ファミリー経営のこじんまりしたレストラン、雰囲気はパブのようでカジュアル。
ランチは予約のみ受け付けているそうで、私達が到着した時は誰も居ず、どうかな、、、と思っていると、続々と地元の人らしきお客さんが来店。
みなさん、その日のお得なランチメニューをオーダーしているようだったので、私達もそうすることに。
c0046163_22315992.jpg

焼きたてパンが登場!
日本の食パンみたいにふわふわで美味しかった。
c0046163_22325870.jpg

アミューズのスープ。
これ、すごく濃厚で美味しかった。
思わず、その後の料理に期待!
c0046163_22335777.jpg

ホタテのソテー。
火の入り加減が絶妙。美味しかった〜。
c0046163_22344895.jpg

メインはビーフ。
お客さんの殆どは注文していた。
お肉はもう少しレアが良かったけど、妊婦の身、しょうがない、、、。^^;
c0046163_22383261.jpg

見た目はあれだけど、(笑)とっても美味しかったデザート。
ヘーゼルナッツのパルフェxカシスアイスxキャラメルソース。
c0046163_0482974.jpg

ランチの後は丘の方まで車を走らせ、お散歩。
c0046163_049357.jpg

イギリスの典型的な風景が広がる見晴らしの良い丘まで行ってみる。
c0046163_0503473.jpg

残念ながら冬場は閉館していたスードリー城を遠くに眺めながら、
またいつか花の綺麗な時に再訪しようよと、フィルぽんに懇願しつつ、歩き過ぎて吊った足を引きずりながら車に戻った。汗

ブログランキングへ参加しています。
お時間があれば、1クリックお願いしま〜す!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by Netherbury | 2012-03-26 01:12 | Travel 
Tewkesbury Town
c0046163_19482936.jpg

溜まっていた旅行記を再開。
拠点にしていたTewkesburyという街は典型的な田舎にありそうな小さな街。
でも、チューダーの建物が今でも残る素敵なところだった。

c0046163_19493283.jpg

チューダーの建物にありがちな斜めに傾いている光景。
写真に収めるのも一苦労。
こういう古い建物を残すのは地域一丸となって取組まれてる成果なんだろうな。
でも、残念な事はせっかくの素敵な建物のテナントが味気ない不動産屋だったりということもしばしば。笑
もっと夢のあるような素敵なお店だったら良いのになあとちょっと残念に思った。
c0046163_19501165.jpg

街にお花屋さんがあるとついつい足を止めてしまう。
c0046163_1946521.jpg

街にはたくさんのTea Roomがあったのだけど、旅行シーズンともなれば沢山の観光客で賑わうのだろう。
今回は残念ながら、タイミングが合わずクリームティーは頂けなかった。
c0046163_1952946.jpg

アビー近くの通り。

c0046163_19532337.jpg

裏手にはカナルもあって、昔はリバーセブンから頻繁に出入りがあり、産業や人々の生活には欠かせないものだったみたい。
c0046163_19542812.jpg

側にはかわいいコテージが並んでいる。
程よい大きさの街なので、お散歩するのに丁度だった。

ブログランキングへ参加しています。
お時間があれば、1クリックお願いしま〜す!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by Netherbury | 2012-03-22 19:56 | Travel 
Tewkesbury Abbey
c0046163_0241383.jpg

私達が滞在していたGatehouseの隣には立派なTewkesbury Abbeyという教会(元修道院)あったので、時折散歩したり、街へ買い出しに行く途中に通り抜けたりしていた。
本当はNational Trustなどを回りたかったけど、よくよく考えてみたら、冬期は閉館しているところが殆どだったので、隣にこんなところがあって良かった。
しかも、教会だと年中オープンしていて、冬期閉館ということもないし。
c0046163_033555.jpg

1121年に建てられたというAbbey、相当古いのに今でもよくこのコンディションで残っていたものだと感心する。その都度、改装や建て増しを続け、今に至っている。
c0046163_0245060.jpg

平日の為かAbbeyの中は人もまばらで、ひっそりとしていた。
クリスチャンではないけど、こういうところに来ると背筋がしゃきっとする感じ。
c0046163_025218.jpg

ふと壁に目をやると、こんな風なレリーフがあったり。
c0046163_0255714.jpg

内部の作りはゴテゴテせず、比較的にシンプルな方で好み。

c0046163_0262873.jpg

素敵なステンドグラスが所々にあり、それを順番に見て回る。
c0046163_027514.jpg

c0046163_0273642.jpg

c0046163_0323810.jpg

Abbeyの周りは芝生が植えられていて、丁度大きな木の周りにたくさんのクロッカスのサークルができていた。
この光景を見ると春がグッと近く感じる。
c0046163_0365073.jpg

私達が滞在していたGatehouseとAbbeyの間にはこんな素敵な家もあった。
夜7〜8時頃になると鐘の音が響いていたけど、真横に住んでいる人達はかなり聞こえるのではないかと思ってしまった。

ブログランキングへ参加しています。
お時間があれば、1クリックお願いしま〜す!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by Netherbury | 2012-03-09 01:16 | Travel 
Cotswolds : Abbey Gatehouse
c0046163_22231058.jpg

出産までにゆっくりとホリデーに行こうと計画していた時に、海外はフィルぽんに即却下され、(汗)
だったらと、ふと前から気になっていた財団が頭に浮かんだ。
c0046163_627465.jpg

The Landmark Trustといって、古い建物を改築して、ホリデー用に貸し出していて、建築物の保護を目的とされているようで、お城だったり、マナーハウスだったり、古いコテージだったりと普段、見学するのみに留まっているような歴史的に重要な建築物に実際に泊まれるという。
古い物に囲まれる方がリラックスできる性格なので、この際、あまり予定を立てずに田舎に滞在するのも良いかもと予約してみた。
c0046163_6291456.jpg

宿泊人数やロケーションによって、値段もいろいろで、今回は二人でこじんまりと、でも何もないところより、便利なちょっと街っぽいところがいいとこちらに決定。
そこでネックなのが、テレビもネットもないということ。
トラストのポリシーでもあるらしい、、、、。
タオルなど最低限の物は揃っているけど、食べ物などは持参のセルフケータリングで気ままな滞在となった。
なんとか、携帯の電波が通じたのが救いだった。^^;
c0046163_6301182.jpg

せっかくなのでお花も持参。
古い大きなテーブル、こんなので〜んと置けるダイニング、憧れるなあ。
c0046163_6311188.jpg

インテリアも古いもの中心で集められていて、こういう空間にテレビなんかあったら、やっぱり変だろうなあと思ってしまった。
でも、ちゃっかりMACは持参してしまったけれど、、、、。^^;
せっかくこういう所に来たんだし、昔の人がしていたような生活を送るのも良さそうだけど、
やはり寝る前にフィルムを見たり、アイフォンで3Gを探したり、結局モダンライフからは抜け出せなかった愚かな私達。(笑)
でも、好きな音楽を聞きながら、本を読んだり、昼寝したり、とても贅沢な時間を過ごす事ができた。

c0046163_6581856.jpg

到着後、まずはお茶休憩。
週末に日本からロンドンに来ていた友人からのお土産、大好きな朝日揚げと供に。
久々に頂けて満足。

c0046163_78101.jpg

その日の夕方に到着したので、その後イギリス料理が多くなることを見越して、晩ご飯はデリバリーのカレー。^^;
ある程度街なので、一通りの物が手に入るので便利だった。
ここのカレーレストラン、立ち寄ったスーパーのおばさんに美味しいか確認してから、レストランでメニューをもらった。
イギリスの田舎で食べる事に関してはかなりギャンブルだけど、カレーはまずハズレが少ない。

c0046163_6324756.jpg

ベッドルームはロフトになっていて、そこからリビングスペースが見下ろせる作りになっている。
広さも丁度で、セントラルヒーティングも薪ストーブも完備されているので、思ったよりは寒くなかった。
c0046163_6333352.jpg

天井にはこんな石の彫刻が並んでいる。
c0046163_6484964.jpg

Gatehouseと名の通り、私達は大きなゲートの上に滞在していた。
写真はその門のハンドル。
たぶん、昔は門番の人が寝泊まりしていたりしたのかなあと、想像すると楽しくなった。

c0046163_6502515.jpg

外観はこんな感じ。立派な建物ですごく頑丈な作り。
思わず、マリオの砦だ〜っと思ってしまった。(笑)


ブログランキングへ参加しています。
お時間があれば、1クリックお願いしま〜す!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by netherbury | 2012-03-03 07:03 | Travel 



spring has arrived!
by Netherbury
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31