New York Introduction.
c0046163_4211122.jpg

初めてのアメリカ本土はNYだった。
行きたいなあとずっと思っていたところではあったけど、気が変わったり、縁がなかったりでなかなか行けないところだっただけに、今回は運良くフィルぽんの出張が入り、私もお供することになった。
彼はほぼ仕事だったので、私は1人で観光したり、NYから電車で2時間ほどのところに住む友人宅に滞在したり、ゆっくりと気ままに過ごすことが出来た。
c0046163_4211590.jpg

まず、訪れたグッゲンハイム美術館へ。
有名なカタツムリ型の建物はフランク ロイド ライトの設計。
c0046163_4211957.jpg

その後、MoMAへ。
c0046163_4212366.jpg

MoMAの中庭では椅子がたくさん置いてあり、人々は気ままに時間を過ごしていた。
この日のニューヨークはとても良い天気ですごく暑かったので、私もしばしの休憩。
c0046163_4212641.jpg

5thアベニューにて。
道路から突き出ていた煙突から、うまい具合にスチームが出ていたので、いかにもニューヨークらしい風景を取る事ができた。
c0046163_4213074.jpg

マディソンスクエアの側から見たフラットアイロンビルディング。
スパイダーマンのピーターがスパイダーマンの写真を売りに行った新聞社がたしかここのビルにあったなあ。
c0046163_4213346.jpg

エンパイアステイトビルディングからマンハッタンの町並み。
ここ、景色はすばらしいけど、ビル自体はぜんぜん好みではないなあ。特に内装は見る価値あまりなし。
同じアートデコのビルならクライスラービルディングの方が豪華。
c0046163_5194869.jpg

NYでの一番の思い出は、ここ、ハイライン。
昔使われていた高架貨物鉄道の線路跡地が遊歩道になっているもの。
昔の線路も残されていて、うまくデザインされていた。
そして、注目すべきことは(私的に)植えられている植物のチョイス。
変にカラフルな物を植えず、グラスやミドリの紫陽花(アナベル)やセダムなど、色をグリーンに統一しているのだけど、秋のドライの季節も色のコントラストを楽しめるようなデザインになっていたこと。
きっと、冬も枯れたグラスやリーフなんかが凍った雰囲気が美しいんだろうな。
c0046163_5195190.jpg

人々はスナックを食べたり、写真を取ったり、座っておしゃべりしたり、子供を遊ばせたり、とっても平和な時間が流れていた。
騒がしい下界のタクシーや忙しく道行く人々を見下ろしてボ〜っとするのはなかなかの醍醐味。
ホテルが近くだったので、気持ちが良くて、訪れてはついつい昼寝していた私。笑

c0046163_5195326.jpg

後半はフィルぽんも仕事がなかったので、一緒に散歩へ。

c0046163_4213725.jpg

ハイラインから見上げるスタンダードホテル。
このホテルの見所はなんといっても、ステイする人々。
カーテンが広げられている部屋は丸見え。実はこれがこのホテルの売りでもあるらしい。
物好きな人(男)はパンツ1枚で窓際に仁王立ちされていたり!、ガウンを着て、寝起きでベッドに寝転ぶ人々、窓際でファッションモデルがポーズを取っていてなにかの撮影がされていたり、なかなか観察するのにはおもしろく、観光客の風物詩となっていた。笑
私ならカーテンを開けておく度胸はないけど、、、、、。


c0046163_4214079.jpg

マディソンスクエアパークにて。
絵に描いたような丸くて大きな赤い風船を持った男性に遭遇。
あの風船欲しかった、、、、。
[PR]
by netherbury | 2011-10-03 06:09 | Travel 
<< New York foods ... Middle of Septe... >>



spring has arrived!
by Netherbury
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31