Derek Jarman's garden
c0046163_7354754.jpg

ある週末、KentにあるDungenessというところへ行く。
Dungenessといえば、地名でわかる人もいると思うけど、Derek Jarmanの庭へ行ってきた。
数年前から、行きたいと思っていたけど、なかなか機会がなく、ようやく実現。
ある冬に友人のSarahが家に来た時にふと本棚に手を伸ばし、
「ここへ2度行ったことがあるけど、すごく美しい場所だったよ。」
と言ったことが再び私の心に火を灯した。
この本を手に入れた時から、密かに憧れの場所だった。
c0046163_7372643.jpg

まずは、街にある本にも乗っていたパブThe Pilot Innへ。
ここで、おいしいと言われている(本で)フィッシュ&チップスをランチで食べる。
たしかに美味しい〜。
しかし、巨大!これでSmallサイズ。
c0046163_739749.jpg

その後、いよいよ目的地に到着。車で海に向かって走ること5分。
なんともいえないロケーション。
だだっ広い敷地にポツン、ポツンとならぶフィッシャーマンコテージ。
あった、あった、Prospect Cottage。Derek Jarmanの家だ。
ここに住むってどんな感じなんだろう。
フィルぽんがパブの人に聞いたところ、この地はとても風が強くとても厳しいらしい。
冬とか想像したら、ブルっと来た。
このような地に自分が死ぬまでの間に暮らしたDerek Jarman。
c0046163_7402960.jpg

遠くには原子力発電所もあり、いろいろ考えさせられる場所。
c0046163_7414612.jpg

コテージの前には廃れた漁村を思わせる風景が広がる。
c0046163_743442.jpg

コテージの周りには石が敷き詰められ、いろいろな植物が植えられている。
その間に流木や石、錆びれた鉄でできたオブジェをみることができる。
c0046163_7463624.jpg

植物が育つ種類が限られた土地。
ふだんイングリッシュガーデンで見られる光景とは全く違っている。
c0046163_2155734.jpg

ストーンサークル。
Derekがどんな思いで庭を作っていったのだろうか。

c0046163_2156926.jpg

コテージの壁には「The Sunne Rising」という詩が木製のレターで並ぶ。

c0046163_2158192.jpg

ガラクタと一括りできない。
この地だからあえていいんだろうな。
c0046163_1492321.jpg

こんなにどこを撮っても絵になるのは、この周りにはな〜んにもないし、人も少ないからかな。
c0046163_25991.jpg

数ある私の訪れた場所では、ダントツに印象に残る場所となった。


ブログランキングへ参加しています。
お時間があれば、1クリックお願いしま〜す!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by netherbury | 2011-06-19 07:48 | Garden
<< カオマンガイ Rose Garden. >>



spring has arrived!
by Netherbury
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31