雑草を食す。
c0046163_1594583.jpg

先週の日曜、フィルぽんを誘ってWoodsへ行こうとしたけど、本人、全く家から出たくないので、ちょっとご近所のNaokoさんを誘ってみた所、快くOKがでたので、張り切って行って参りました。
目的は美しいブルーベル、と思いきや、実はワラビ取り。^^;
c0046163_26566.jpg

こんな風にお花に紛れたりして、はたまたワラビ畑並に、フィールドいっぱいに広がっていたり。
ちょうどnaoko邸に訪れていたお友達ご一行様もお連れして、田舎ののどかな休日を楽しんだわけです。
みなで会話はほどほどに、黙々とワラビ取り開始。
こちらではワラビは雑草なので、イギリス人(二人の夫達)はさぞかし不思議がっていました。ネットで調べたのですが、poisonousで家畜にも食べさせないというほど。
ワラビ取りを終えて、車に戻ろうとしたその時、パトカーが私の車の後ろに止まりました。
私は焦って、ワラビをその場に置き、走って確認にいきました。
怪しいものでは無いということが分かったのか、警察官は「車上荒らしに気をつけて下さいね〜」と去っていきました。そりゃ、カメラ持って、長靴履いて、かなり安全な雰囲気ですよね。^^;
私はてっきり、採ったワラビを没収されるかと思いましたよ、、、、。^^;(でも、警察の人、ワラビを横目に「???」な顔付きしてましたが、、、)
ワラビは採ったその晩に灰汁抜きをしました。
一晩灰汁抜きをしたワラビは水につけて保存しました。
お料理方法ですが、まずお蕎麦にのせて。シンプルでおいしかったです。
あと、定番のワラビの炊き込みご飯。油揚げとシメジのみでしたが、すごくいい味が出ていました。
写真にはないですが、ワラビのベーコン巻きもおいしかったです。
c0046163_284511.jpg

でも、定番はやっぱり、醤油づけ。ご飯にとっても合います。ちょっと濃いめに味付け、煮過ぎないのがみそ。
初めてイギリスにてワラビを料理しましたが、感想は日本のものより太めで、若干毛が多いような、、、。あと、少し灰汁が強い気がしました。
穂先の方に特に灰汁が強く、私は穂先は取り除きましたが、私の灰汁の抜き方が悪かったのかな〜。
c0046163_292166.jpg

灰汁抜きですが、bicarbonate of soda(重曹)を使いました。
c0046163_295078.jpg

こちらはNaoko邸にて旦那様のR氏が作ってくれた塩豚。チーズクリームの野菜とともにいただきました。
とってもおいしかった〜。デザートはnaokoさんお手製のチーズケーキ。
目にも、舌にも充実した一日でした。^^;
こんな素敵な日にコンピューターに向かうフィルぽん。本当にもったいないな〜、、、、、。

ブログランキングへ参加しています。
お時間があれば、1クリックお願いしま〜す!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by netherbury | 2010-05-17 05:26 | Life
<< Village Day. My Wedding 02/0... >>



spring has arrived!
by Netherbury
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30