盲目の祖父。
c0046163_195282.jpg

先日、盲目の祖父が亡くなったようです。
ようです、というのは、メール1通で知らされて、実際に目の当りにしていないので、実感もなにもありません。
母親はきっと、バタバタ葬儀の準備などで忙しいと思うので、落ち着くのを待っていろいろ話たいと思います。

私が産まれるずっと前から、視力を失っていた祖父。母親の結婚する前だったので、もう人生の半分以上は光の無い生活をしていたようです。
母方の祖父なので、年に2回ほど会う程度でしたし、あまり家から出ない祖父だったので、たくさんの思い出がないのですが、やはり祖父の存在無くして、私の存在もなかったと思うと、ありがたい気持ちでいっぱいです。
最近では寝たきりで痴ほうもあったようなので、お世話をしていた年老いた祖母のことを考えると、お疲れさまと言ってあげたいです。
海外に住んでいて、こういう時になにもできず、いざ帰国ともなかなか行かず、もどかしい思いもありますが、こういうことはいずれあること。頻繁にあってはほしくないけど、それも人生なのでしょうか。幼くして実の父親が亡くなってから、自然とそう割り切るようになりました。
祖父には天国では光のある生活が待っていたらいいな、、、、。


ブログランキングへ参加しています。
お時間があれば、1クリックお願いしま〜す!

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
[PR]
by netherbury | 2009-04-01 19:20 | Life
<< 家のこと。 欲しい、、、、。 >>



spring has arrived!
by Netherbury
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31