Kettle's Yard in Cambridge
c0046163_514765.jpg

近頃のイギリスはぽかぽか陽気が続き、もう春に突入という感じなのだが、(本当にそうだといいけど。。。)
この日は特別暖かく、半袖姿の人もちらほら。。。(3月初旬!)
c0046163_521882.jpg

教えてくれた友人から彼女の友人がアートダイレクターをしているとかで行くべきところとずっと言われていた、ケンブリッジにあるギャラリー、kettle's Yardへ。
数年行きたいところリストに入っていたのだけど、出産が重なったり、ギャラリー内の改装工事があったりでなかなかタイミングが合わず、やっとの事で訪問。
c0046163_524683.jpg

ギャラリー部分でエキシビジョンがされていて、(訪れたときはちょうどART&LIFEというエキシビジョンをやっていて、それがすごく良かった!) ハウスの方では20〜30年代にテートギャラリーでキュレイターをしていたJim Edeと妻のHelenが実際に1958年から1973年まで住んでいた住居で彼らのアートコレクションが贅沢に飾られている。
写真はこのハウスのアイコン的なディスプレイ。
c0046163_5399.jpg

インテリアのセンスがかなり自分の理想と近いと思う。(いや、アートコレクションはうちにはぜんぜんないけど。笑)
c0046163_533318.jpg

すごく素敵だった窓辺の植物達。
c0046163_56246.jpg

どこをみてもさりげなく飾られているものが目に留まる。
c0046163_563451.jpg

大きな吹き抜けのある家っていいなあ。
大きな壁にタペストリー、飾ってみたい。
c0046163_572056.jpg

携帯の方で写真を取っていたりして、息子もいたのであまりゆっくり撮影出来なかったのだけど、少しだけカメラでも写真を取る事ができた。(フィルぽんの「早くしろ〜」の視線があり、急ぎ足。苦笑)
c0046163_581217.jpg

ここでたまにミニコンサートもしているらしいのでまた行きたい。(一人で。)
c0046163_591055.jpg

フランスの古物もあったり。
c0046163_594423.jpg

後半はこんな感じで走り回る息子の監視で忙しかった。
命綱様様!(その辺に普通にルーシー・リーなんかの陶器が置いてあるのでまさに命綱!壊したら弁償なんて出来ない、出来ない。。。汗)
小さな子供を連れて行くにはちょっと厳しいかも。
今思えば、よく快く入れて下さったなあと。。。
ちなみにハウス内の椅子は自由に座ってよし。
まるで自分の家かのようにくつろぐ事ができる。
[PR]
# by netherbury | 2014-03-19 05:54 | Travel 
Holiday in Antwerp : the Cathedral of Our Lady/Rockoxhuis
c0046163_23434723.jpg

もう時間も経ってしまったのでどうしようかと思っていた、最後のアントワープ記。
やっと最終回にこぎ着けた。苦笑(もう特に誰も見てないだろうけど。。。)
c0046163_2344855.jpg

アントワープと言えばという有名どころ。
そう、ネロとパトラッシュのあの物語の最終回での教会へ。
フィルぽんにフランダースの犬の話をしてもよく知らないと言う。
えっ? あんなに有名なのにと調べてみたら、原作はウィーダというイギリス人の作家だそうで、ベルギーで出版されたものの、それほど人気が出なかったらしい。
なるほど、フィルぽんも知らないはず。
それがのちに日本でアニメになり日本では誰もが知る物語となった。

実は今回はアートミュージアム中心に回っていたのでホテルから一番近いこちらは後回しになっていて、帰る日の朝一番に行ってきた。
朝ご飯を食べてから、オープンちょっと前に到着したので、門の前で待っていると程なく開いた。
なんと、並んでいる人は私たちだけだった。笑
c0046163_2345121.jpg

ステンドグラス、ヨーロッパでは教会へ訪れると必ず拝見できるので、初めこちらへ来た頃と比べて、さほど驚く程見入ったりはしなくなったように思うけど、それでも楽しみの一つ。
c0046163_23452989.jpg

美しい教会の彫刻。
c0046163_23455651.jpg

教会の正面。
10分くらい経ったらやっとちらほらと他の観光客がやってきた他に、一人祈りを捧げるご婦人のみ。
とても静か。
c0046163_23461990.jpg

ルーベンス作「聖母被昇天」。
写真にはないが、この教会の見どころの一つ、「キリストの降架」と「キリストの昇架」という3面の絵も本当に美しかった。
c0046163_23464445.jpg

泊まったホテルのルーフテラスからの大聖堂の眺め。
c0046163_2347630.jpg

こちらはRockoxhuis
ちょうどGolden Cabinetのエキシビジョンがやっていたので、これも目的の一つ。
Royal Museum of Fine Artsが改装工事のために閉館中のために一部のコレクションも貸し出しされていたみたいで、そういうコレクションが違ったロケーションで見られる事はまた珍しいので嬉しい。
私は個人的に大きな美術館の絵を見て回るより、古い建築にアンティークと供にインテリアとして飾られているのを見るのが好き。
さらっと壁のかかっているけれど、それが実はルーベンスだったり。
そうして遥か昔にあったstill lifeの絵画の中のような風景が目の前で拝見できる贅沢。
c0046163_23504648.jpg

ヘンリボーンなタイル。
c0046163_2347272.jpg

最近、16〜17世紀のstill lifeの影響がフローリストの中にみられるのが増えてきたけど、そういうインスピレーションの変化はいいと思う。私ももっといろんな物を見て勉強しないと。
c0046163_23474740.jpg

見ているとちょっとコミカル。
c0046163_23481640.jpg

赤の部屋。
c0046163_23501959.jpg

緑の部屋。
c0046163_18555925.jpg

今回お世話になったのはマルクト広場や大聖堂にも近いHotel Julien
センスがよく素敵なホテルだった。
オフピークオファーでスパも使えたのがラッキーだった。
c0046163_18561952.jpg

古い建物をリノベーションしたホテルでところどころに古いものが残されている。
c0046163_18572893.jpg

子供がいたのでゆっくりとくつろぐことは出来なかったけど、小さなホテルならではのこじんまりして、ひっそりとした空間。
他にも新しく出来たモダンアートのミュージアムMASなんかにも行けて満足した。
アントワープ、小さいのに見所も多くとても魅力的なところだった。
[PR]
# by Netherbury | 2014-02-27 00:02 | Travel 
Holiday in Antwerp : Kloosterstraat
c0046163_331593.jpg

もう2月になろうとしているのに、まだアントワープ記が終わっていない。。。
このままでは自然消滅してしまいそうなので、アップせねば。(いつも旅行記はそんな感じで終了。。。苦笑)
Kloosterstraatという骨董街へ。
c0046163_3314380.jpg

ええ〜っと、もれなく付いて来るこの二人のおかげで、戦利品なし。
アンティーク屋は狭くてなかなかバギーでは入れないし、息子が触ったりしたら大変だし、しかもこの日は凍えるほど寒かったので、外で待たせる訳には行かず。
まあ、荷物の事を考えれば、何も買えなかったのだけど。。。
c0046163_31031100.jpg

「このお店だけ、入らせて〜!」と古いタイルに惹かれて入らせてもらった。
一瞬、どうしようかなあと思った紙ものがあったけど、持ち帰りも難しそうだったし、使い道もちょっと思いつかなかったので保留に。
今思えば、お値段も手頃だったので買えば良かったかもと後悔。
と、全く集中力がないアンティーク屋巡りはやっぱり駄目。。。
c0046163_3112745.jpg

とはいえ、通りの雰囲気を味わったり、ウィンドー越しにお店を見るのは楽しかった。
c0046163_312362.jpg

本当は土曜日に来ればもっと賑わっているらしいのだけど、私たちの旅行は平日に決行されたので、本当の雰囲気は味わえなかったのだけど、どうせ子連れで入れなかっただろうし、ということで。
c0046163_332487.jpg

まあ、ぱ〜っと見た感じ、欲しいなと思うものもなかった。
(このトルソーは誰が買うのだろう。。。笑)

c0046163_3123824.jpg

ここは高そうだったけど、センスが良かった家具屋さん。
ライトが素敵だった。
c0046163_3131169.jpg

骨と球根。
c0046163_3133931.jpg

ライティングのお店。
もし家を買うなら、こんなお店でじっくり選んでみたいもの。

c0046163_3321479.jpg

まあ、今回はお散歩程度だったけれど、充分楽しめた。
寒くさえなければ、もっと良かったのに。
この通り沿いにChez Fredというお気に入りのカフェがあって、ランチに2回も行った。
c0046163_314126.jpg

Kloosterstraatではないけど、ホテルの近くを歩いていたら、閉まっていたけど、骨董屋発見。
お店なのか倉庫なのかよくわからなかったけど、ものすごい数の品が所狭しと積み上げてあった。
是非とも中を拝見させて頂きたかった。
でも、お店なのかそうじゃないのか、さっぱり謎の場所だった。(でも、商品に値札が付いている?)
c0046163_3144210.jpg

たぶん、見ていたら掘り出し物が見つかったような気がする。
アントワープは普通に街を歩いていても、小さい街なのに割と古いものを扱うお店が多かったように思う。
きっと、アーティストも多く住んでいるし、そういうものを良いと思い、自然と生活に取り入れられる人がいるからだろう。
[PR]
# by netherbury | 2014-01-30 06:39 | Travel 
Holiday in Antwerp : Cogels Osylei, Waterloostraat
c0046163_823369.jpg

Antwerp Berchem駅の近くにある、Cogels Osylei(コーヘルス・オジレイと呼ぶ)通りへ。
c0046163_83311.jpg

私たちはちょうどトラムの駅の逆側から歩いて来たので、通りの始まりは橋の下。
この日もまた非常に寒くて、ぶるぶると震えながら到着。(寒さの中1個前の駅から歩いてきたアホな家族。。。)
c0046163_834555.jpg

ぐずぐず言っていた息子もバギーに乗せたら寝たので、しばしの建物見学。
ここの通りは20世紀初期に建てられたArt Deco様式の建物がずらりと並んでいて、それは見応えがあり、上を見上げ、右、左をきょろきょろとしながらたっぷり楽しんだ。
ひとけも少なく、時々トラムが走るくらいで、ひっそりとした住宅街。
c0046163_843038.jpg

建物一つ一つが独創的で、まるで美術館にでも来たような感覚に陥る。
c0046163_85126.jpg

作品(笑)の一部をご紹介。
持っているカメラのレンズせいで、全体像が撮れなかったのが残念だったのだけど、雰囲気だけでも伝われば。。。
c0046163_85264.jpg

c0046163_855182.jpg

c0046163_863141.jpg

c0046163_87773.jpg

c0046163_873483.jpg

c0046163_884297.jpg

Waterlooとはまた見慣れた通り名。。。笑
c0046163_88417.jpg

お約束か、「ワーテルローの戦い」を表した壁画も。
実はその有名な戦いがあったワーテルローという場所がベルギーにあるという事を最近まで知らなかった。(恥)
ちなみにイギリスではWaterlooは「ウォータールー」と呼び、ロンドンの地名にもあり。
c0046163_892330.jpg

寒くなかったらもっとゆっくりと写真を撮っていられたのだろうけど、足早に次ぎの目的地へ。
c0046163_810198.jpg

昔はお金持ちが競い合って建てた住宅は今では一般の人が普通に暮らしているのだとか。
建物内部もどんな風になっているのか是非拝見してみたかった!
[PR]
# by Netherbury | 2014-01-03 02:00 | Travel 
Happy New Year 2014.
c0046163_8285319.jpg

明けましておめでとうございます。
2014年もどうぞよろしくお願いいたします!
昨年はworkshopもさせて頂く事ができ、とても充実した一年だったように思います。
c0046163_8292344.jpg

息子は20ヶ月になり、言葉もだんだん増えてきて(でも、英語寄り。。。汗)意思疎通がだいぶできるようになりました。
興味は電車や車、恐竜,iPadとまさに男の子街道まっしぐらです。笑

今年も家族皆の健康と成長を祈り、より実りの多い一年でありますように。。。

Netherbury
[PR]
# by Netherbury | 2014-01-01 09:00 | Life
Holiday in Antwerp : De Foyer, MoMu
c0046163_6225057.jpg

クリスマスは終わったけれど、11月末のアントワープ旅行のアップがまだまだ残っているので。。。

ある日ランチに出かけたDe Foyleにて。
ここは劇場の中のブラッセリーでインテリアが素敵だということでチェックしていて、ちょうどマルコリーニのチョコを買うついでに通りかかったので行ってみることに。
外からは全くブラッセリーがあるとはわからないので注意。
実際にこの場所に来てからうろうろとしてしまった。
古いエレベーターが開くとわ〜っと広がる天井に思わず目がいった。
c0046163_6204839.jpg

Artdecoのステンドグラスのドームを中心に様々な絵がこれでもかというほど描かれている。
圧倒。。。

c0046163_6231797.jpg

上ばかり見ていて、思わずメニューを見るのも忘れてしまうくらい美しかった。
c0046163_6241619.jpg

取りあえず、とても寒かったのでスープっぽいものをオーダーしてみる。
私はガンボスというアメリカの魚のスープ。
メニューはなぜかアメリカン寄りでちょっと観光客系だったので味はまあまあだったけど、お料理を食べに来たというか、暖を取りにとインテリアを見に来たのでぜんぜんOK。笑
隣の人がクラブサンドを食べていたけど、量が見た事もないくらい大きくて、目を丸くされていたので、私も思わず笑ってしまった。
サイズまでアメリカン。
プレイスマットの紙が劇場のシートになっていて可愛かった。
c0046163_6222411.jpg

餌付け中。
隣の席との幅もたくさんあるし、カジュアルで広々としているので子連れにはもってこいの環境だった。

c0046163_6235158.jpg

ショーケースにはいろいろケーキもあり、優雅な気分でお茶するにはピッタリだと思う。
c0046163_7232967.jpg

その後、ホテルに戻る前にMoMuへ。
今年ちょうどアントワープ王立芸術アカデミーは創立350年、ファッション科は50年という節目らしく、各地でいろいろなイベントや企画展が行われているようで、MoMuモード博物館でもそれに伴う展示がされていた。
c0046163_7252533.jpg

ハイファッションには疎いのだけど、とりあえず見学してみることに。
ファッションとしての意味は深過ぎて自分にはよくわからなかったのだけど、色使いやコンセプトなんかは見ていて楽しめた。
c0046163_7254536.jpg

どんな物でも物を作るという事はいろんな努力と根気がいるのでしょうね。
c0046163_726139.jpg

デッサン。
c0046163_726596.jpg

ドリス・ヴァン・ノッテンを初めとするアントワープシックスや、マルタン・マルジェラらを排出したアカデミー。
今でも夢を追いかける若者がたくさん学んでいるでしょうね。
c0046163_7271953.jpg

昔のエルトン・ジョンが着ていそう。
「今度、会社に着て行こ〜。」と冗談をいうフィルぽん。苦笑
c0046163_7273627.jpg

光と陰の使い方が美しかった展示。
c0046163_7275273.jpg

小さな博物館だけどなかなか見所があり、面白かった。
ただ、ファッションに全く興味がないとちょっと辛いかも。。。笑 (フィルぽんは「全体的に意味がわからない!」とぶつくさ言いながら見ていた。笑)
[PR]
# by Netherbury | 2013-12-30 06:29 | Travel 
Holiday in Antwerp : Museum Plantin-Moretus
c0046163_8501737.jpg

アントワープで私が一番行きたかったところ、Museum Plantin-Moretusは世界遺産にも登録されている世界一古い印刷機も保有されている16〜17世紀からの印刷所。
ここには大変貴重な当時の印刷技術が垣間みれる資料がたくさん展示されているだけでなく、プランタン、モレトゥス両家が所有していたアンティークや絵画(ルーベンスなどを初めとする黄金時代の物が中心)も見物。
c0046163_8512516.jpg

ここは予想通り絵になるところばかりで、もう夫、子供の存在など忘れて(笑)必死に見入ってしまったほど。
c0046163_852294.jpg

ここは、ショップ部分でここで印刷された本が売られていたそう。
当時は本は大変貴重で高価なもので今の様に誰もが手にできるような物ではなかったはず。
c0046163_8524380.jpg

この棚は本当に素晴らしかった!
c0046163_8531272.jpg

よく読み物の頭文字に使われる飾り文字のようなもの(予想)が収納された木箱。
c0046163_8551764.jpg

活字にはアルファベットの他にも見た事もない文字やアラビックのようなものまであった。
c0046163_8534378.jpg

活版印刷ではひとつのプリントを刷るだけで、かなりの時間と手間がかかったであろうから、一つの本を作ろうとなるといったいどれだけの時間を必要とされたのだろうか。。。
c0046163_8541544.jpg

古い植物図鑑。
c0046163_8572898.jpg

カメラのレンズが近すぎて、うまく全体像が撮れなかったけど、ここが一番見所だった印刷所部分。
たくさんの活字のサンプルが並べられ圧倒だった。
c0046163_8581570.jpg

図書室。
c0046163_8584812.jpg

この時代のアンティークの工芸品には花のモチーフが多い。
c0046163_8591325.jpg

宗教色の強い絵が多い中、一際目についたインド人の絵。笑
c0046163_8595716.jpg

色合いが美しい。
c0046163_913514.jpg

これはなんでしょう?
実はこれ、皮でできた壁。
部屋中この皮が壁紙のように覆われている。
一枚一枚手作業だろうからもう考えただけで、気が遠くなる。
c0046163_915843.jpg

これも壁。
c0046163_92295.jpg

何に使われていたのかわからないけど、古い道具がたくさん。
c0046163_925945.jpg

ここにも古道具。
c0046163_932769.jpg

思わず花を生けたくなるような陶器もたくさんあった。
c0046163_935697.jpg

中庭にて。
c0046163_943271.jpg

もっとお見せしたい写真が山ほどだったけど、多く載せてもどうかと思うのでこれくらいに。。。笑
見所は多すぎて写真数枚ではなかなか良さが伝わらないので実際に目で見て欲しい博物館だった。
また、近い将来再び訪れたい。
[PR]
# by netherbury | 2013-12-08 09:07 | Travel 
Holiday in Antwerp : Pedal power.
c0046163_0551144.jpg

workshopやらなんやらで、鍵のついたまま放置された記事。汗
こんな写真ばかり撮っていたらしく、私の旅行記は旅行者への情報など何の役にも立たないと思われるのであしからず。。。

さて、街を歩いていて目についたのは自転車の多さ。
絵になる街には自転車も多い。
はたまた、同じ自転車でもうちの近所に置いてあるのと絵になる街で見るのと違うのか。。。笑
c0046163_0554099.jpg

標識にも自転車。
c0046163_056555.jpg

無造作に。
c0046163_056291.jpg

無機質。
c0046163_0571244.jpg

ツーリング風。
c0046163_057348.jpg

ロンドンにもあるけど、レンタルバイク。
観光用かと思いきや、結構地元の人の使用率高し。
c0046163_058690.jpg

歩いていると、突如ロンドンでいうGolders Greenのようなユダヤ人街へ。
髭の老人も颯爽と。
c0046163_0582944.jpg

ちょっとヒッピー風。
c0046163_059296.jpg

ロンドンなら盗まれないか心配、おしゃれpeopleが集う、MoMu(Modern Museum)前にて。
c0046163_0594595.jpg

朝のVlaeykensgangにて。
c0046163_101486.jpg

乗り物x2。
[PR]
# by Netherbury | 2013-11-27 01:02 | Travel 
Holiday in Antwerp : out & about on the street.
c0046163_18564256.jpg

先週、フィルぽんがクリスマス前の中休みが欲しいということでアントワープへ行ってきた。
フィルぽんの休み(ここが重要。)という事で、彼の条件、車の運転×、飛行機×、フランス×(最近続いたので。)、電車の旅、というとイギリスから行ける所は限られている。
ブルージュは昔行った事があるので、それならばと私がいつも頭の片隅に置いていたアントワープに決定。

イギリスからはユーロスターに乗って、ブリュッセルまで行き、そこから電車で40分ほどでアントワープに到着。
実はユーロスターチケット購入の際に、間違ってブリュッセルまで買ってしまったのだけど、本当はAny Belgian stationという項目を選択すれば、24時間以内であれば、すべてのベルギー内の国鉄がそのチケットで乗れるらしい。(確か一昔前までは、自動的にユーロスターのチケットにチケット代が入っていたのでそのままチケットを見せるだけで行けたと思う。。。)
ブリュッセルからアントワープまでは往復で一人15ユーロほどだったのでまあ、しょうがない、、、。
c0046163_1851059.jpg

Antwerpen-Centraal(アルトウェルペン中央駅)に降り立った時にこの旅が素晴らしいものになる事は確信した。
駅でこの装飾は凄いと思う。
c0046163_18512425.jpg

雨も降っていて、ちょっと疲れていたので取りあえず足早にタクシー乗り場まで行って旧市街にあるホテルへ。
c0046163_19443387.jpg

3泊した間に本当たくさんのところへ行ったのだけど、とりあえず、小出しにお伝えして行こうと思っているので、クリスマス休暇のミッションとしましょう。笑
で、今回は街並みを。
もう、本当にどこを切り取っても絵になる街で、特に脇道を入った路地は格別。
街も綺麗で犬の糞もゴミも落ちてないし、なにしろパリなどに比べると治安も良かったと思う。
c0046163_19445615.jpg

それと全体的に街に人が少ないようにも感じた。(まあ、観光のシーズンオフでしかも平日だったのもあるかも。)
この写真のジャントルマンはそれはそれは上品な方で、一目でお召しになっているコートの仕立ての良さがわかった。
ちょうど行きたかった劇場内にあるカフェを探していて訪ねたのだけど、親切に説明してくださった。
息子連れの事も気遣ってくれて、エレベーターはどこにあるということまで。
いやあ、フィルぽんも見習って頂きたいほど、とても素敵な方だった。
ジェントルマンが行ってしまってから、私たちの会話は彼の事で持ち切りに。
何をしている人なんだろう、アートディーラーかファッション関係かなあとか、犬の散歩をしていたから、近所に住んでいるんだろう、とか。(いいおせっかい。爆)
それほど脳裏に残るお方だった。
c0046163_19452074.jpg

ホテルはルーベンスの絵でも有名なCathedral of Our Lady(聖母大聖堂)の近くだったので、滞在中はいろんな角度から大聖堂を観る事ができた。
c0046163_19455067.jpg

街はトラムが走り、すごく情緒的。
この場所に決めた理由の一つは電車好きな息子が喜ぶだろうというのもあった。
c0046163_19461711.jpg

右側に見えている建物はアントワープ出身でAntwerp Sixの一人、Dries Van Notenの旗艦店「Het Modepaleis」。
中に入る事はなかったけど、ファッションブティックが並ぶ一等地で堂々と佇んでいた。
c0046163_1946393.jpg

トラムとArt Decoの町並み。
[PR]
# by Netherbury | 2013-11-25 18:59 | Travel 
Horniman Museum & Gardens.
c0046163_741350.jpg

ある週末にSouth East Londonにちょっと用事で出向いたついでにHoniman Museum & Gardensへ行ってみた。
ビクトリアン時代に紅茶の貿易で成功を収めたフレデリック ジョン ホーニマンという人物が世界中を旅しながら収集した動物の標本や民族系アートなど多岐にわたるコレクションが所蔵されている。
いろいろな所で噂には聞いていたけど、やはりここは素晴らしいところだった。
c0046163_753583.jpg

まずは到着してすぐにファーマーズマーケットが開いていたのでそこへ行ってみることに。
c0046163_763377.jpg

規模は小さいながらも、毎週土曜日に開催されているようで、近所の方と思われる人びとで賑わっていた。
c0046163_772054.jpg

センスの良いフラワーストールなんかもあって、思わず足が止まる。
c0046163_77438.jpg

お昼を食べ損ねたので、ホットドックを購入。
ソーセージも好みな感じでなかなか美味しかった!(でも結構よいお値段。。。)
c0046163_781081.jpg

移動式ピザ屋さんも。
驚いたことに、ちゃんとピザ釜まで完備だった。
c0046163_783627.jpg

すぐ側にAnimal Walkというミニ牧場のようなものがあった。
羊はこの3匹のみで向かいには可愛い子山羊がいた。
c0046163_79488.jpg

ラマに見つめられる。
か、かわいい♡
奥にいるのは黒いラマ。残念ながら2匹のショットは逃す。。。
他にもウサギがいたり、こじんまりしているけど、可愛い動物に癒された。
周りの子供達は大喜びな様子。
ロンドンでこういう場所があるのは素晴らしい!
c0046163_793860.jpg

思わぬ体験が出来てとてもご満悦の息子。
広い、しかもちょっと丘状になっているガーデン内を転げそうな勢いで走るので追いかける親も大変!
c0046163_795955.jpg

とりあえず、この素敵なコンサバトリーの前に座ってお茶休憩。
このコンサバトリーの中ではちょうどクラフトフェアのような催し物をやっていた。
本当にため息が出るディテールでしばし見とれてしまった。
c0046163_7102935.jpg

さて、いよいよ天気も悪くなってきたので、ミュージアムの中へ。
ハロウィーンのイベントをやっていた為か仮装をしたかわいい子供達が沢山いた。
c0046163_711146.jpg

動物の剥製から骨の標本まで本当に沢山の資料が展示されていて、もっと時間があったらじっくりと見てまわりたかった。

c0046163_7113197.jpg

鳥のセクション。
c0046163_71241.jpg


c0046163_712272.jpg

ほんと、見せ方が上手でしかもセンスを感じるものばかり。
ショーケースも古い木の枠だったりしてそういうのもいい。
c0046163_7125114.jpg

蝶の一生。
c0046163_7132440.jpg

いやはや、ロンドンのミュージアムの中でもたぶん1、2を争うくらい好きな場所となった。
動物が大好きな息子も喜んでいたし、見そびれたものも多くあったので近いうちに再訪する予定。
[PR]
# by Netherbury | 2013-11-03 08:09 | Travel 



spring has arrived!
by Netherbury
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31